雨の日にイルミネーションを見にデートで行くなら事前にチェックすることとは?

イルミネーション

イルミネーションを見る予定の日が雨だった場合。

行くのがいいのか、それとも代替案で他の事に切り替えた方がいいのか。

雨の日ならではのイルミネーションのメリット・デメリットを合わせてご紹介しますが、雨の日ならではの良さもあります。

そして雨だから行かないという選択をした場合にオススメの代替スポットもご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
  

雨の日にイルミネーションを見に行くメリット・デメリットを考えてプランを練る

傘を差す人

雨の日のメリット

雨の日にイルミネーションを見に行くメリットは何と言っても

・人が少ないからユックリと見られる
・雨粒にイルミネーションの光が反射して綺麗

という雨の日ならではの見どころがありますね。

イルミネーションを見るというとどうしても人が密集して二人だけの雰囲気をという感じでもない場合のが多いのではないかと思います。

雨であれば 人も少なく、そしてとても綺麗で幻想的な雰囲気 となりますので、より綺麗に見たいのであれば雨の日のイルミネーションもいいものですよ。

雨の日のデメリット

オーロラ

雨の日のメリットも勿論ですが、反対にデメリットもあります。

・冬の雨なので寒さが増す
・傘などで荷物が増える

綺麗や人の少なさと引き換えにやはり冬場の雨は寒いのと、荷物がやや増える点。

ただ冬で寒いのは当たりまえなので 事前に対策 をすれば多少の雨であれば何とかなるものです。

メリットとデメリットを二人で話して決めるのもアリです

雨の日のイルミネーションはメリット・デメリット双方あります。

事前にお二人で話して雨でも行くのか、それとも雨で寒いのはちょっとというのなら他の代替案に切り替えるのもいいかと思います。

雨の日にイルミネーションを見に行くときは防寒対策をシッカリとしていく

ダウンを着た人

雨の日のイルミネーションは身体が段々と冷えてきますので事前に防寒対策(二人でちゃんと話し合ってくださいね)をシッカリしてから行きましょう。

雨の日に準備しておきたいもの

・傘
・厚手の上着
・濡れてもいい靴

雨の日は何と言っても濡れると段々と冷えてきますし、お店に入っても洋服や靴が濡れてると寒くてデートどころではないかと思います。

ですのでまずは雨でも多少なりとも 快適に過ごせる服装や装備 をしておきましょう。

濡れない対策をする

傘は最低限必要として、雨で一番気持ちの悪いことろは濡れた靴。

靴よりも最近はかなり洒落たブーツ型のレインシューズも出てますので、靴底から水が浸水しない靴を選ぶといいかと思います。

イルミネーションを見とれてて、つい水たまりに足が浸かってしまう、なんてありますよね?

レインシューズであれば靴底から水が浸み込みませんので 防水がシッカリした靴で行くことをおススメ します。

傘の用意

傘は勿論必要です。

・折りたたみ傘
・長傘

どちらでもいいのですが持参しましょう。

  • 折りたたみ傘

折りたたみ傘はお店等に入ったときにコンパクトになる反面雨をシッカリと弾かないと濡れたまま鞄に入れると、鞄の中がとんでもないことになります。

ですので事前に防水スプレー等で撥水性を上げておくとともに、傘を収納するケースも併せて持参しましょう。

スポンサーリンク

  • 長い傘

長くて大きめの傘だと持ち歩きに少々邪魔かもしれませんが、二人で入るには丁度いいのかもしれません。

また濡れたまま鞄に入れることもないので鞄の中の心配をする必要もないでしょう。

冷えたらイルミネーションの見えるお店で休憩をしよう

カフェラテ

イルミネーションは大体時期的に冬場のが多いものですが、それでも長い時間居たら冷えますよね。

もしも雨であまり寒さに強くないけれど、イルミネーションが見たい。

そのような時は事前にイルミネーションが見えるご飯屋さんに予約を入れて お店の中から見る という手もあります。

お店の中であれば暖かいし、ご飯も食べられて一石二鳥。

ただ当日にいきなりだと予約で一杯という可能性もありますので、行くのであれば早めに決めて予約をしておくことをおススメします。

イルミネーションは雨で中止にならない?

イルミネーションは基本は外に光源が設置されてますし、勿論雨の対策もされてますので少々のことでは中止にはなりません。

ただ雨の他に強風や大雪で安全に支障が出ると判断された場合は施設で演出するイルミネーションは施設の休園の可能性もあります。

天候で中止となるような天候の場合は恐らく外出をしない方がいい場合もあります。

そのような場合には代替の場所に行くことをおすすめします。

イルミネーションを見る予定の日が雨の場合の代替案

イルミネーションは雨の日は確かに綺麗に見えるのですが、メリット・デメリットを考えた上で中止というのは勿体ないです。

折角事前に予定を合わせてたいわけですから。

ではイルミネーションの代替となると何があるか?というと

例えば
・イルミネーションの見えるご飯屋さん
・空港から離発着をする飛行機を見る
・雨の日の展望台

など夜の空港や展望台に行く選択肢もありますね。

イルミネーションの見えるご飯屋さん

冬場は混みそうですね。

イルミネーションも見られてご飯もとなるとちょっと倍率が高いかもしれません。

※混み合うことも予想されるので事前に予約をしておくといいでしょう

イルミネーションの見えるご飯屋さん以外でも例えば、 高層階にあるBARから夜景を見ながら過ごす というのはいかがでしょうか。

雨で幻想的な風景を見つつ、お酒を楽しむという選択肢もありますよ。

空港から離発着をする飛行機を見る

羽田空港

ある程度大きめの空港となってしいますが、羽田空港等であれば屋内から離発着をする飛行機を見ることができます。

またお店によっては目の前が滑走路というロケーションのお店もありますよ。

イルミネーション程華やかではありませんが、 滑走路の誘導灯の青と緑のランプも夜ともなると中々幻想的 なものです。

飛行機と滑走路を見つつの食事もできるお店もあるので、夜の空港を漫喫するというのもオススメです。

雨の日の展望台

雨の日の展望台は雲がかかってると何も見えない場合があります。

イルミネーションとは真逆では?と思われますが、ちょっと不思議な 雲の上に浮かんだ感覚を味わえる のが雨の日の展望台の楽しみ方。

また雨の日は割引が適用されてる場所もありますのでお得に過ごすにはいいかもしれません。

さいごに

雨の日にイルミネーションを見に行くということでご紹介しました。

雨の日にイルミネーションを見に行くメリット

はというと

・人が少ないからユックリと見られる
・雨粒にイルミネーションの光が反射して綺麗

何と言っても人の少なさとより綺麗に見られる点ではないでしょうか。

そして雨の日にイルミネーションを見に行くデメリット

・冬の雨なので寒さが増す
・傘などで荷物が増える

寒さと荷物が多少増えるという点がありますが、これも事前に対策をすれば何とかなるものではありますね。

メリットとデメリットを事前に話し合ってみて、行先を決めてもいいかもしれません。

そして雨の日でもイルミネーションを見に行くのであれば

・傘
・厚手の上着
・濡れてもいい靴

傘と厚手の上着、後はとにかく足元が浸水しないようにレインシューズ等、雨が浸み込んでこない靴を用意しておくといいかと思います。

ただそれでも寒さが苦手だとか、天候が悪化していけない時の代替案としては

・イルミネーションの見えるご飯屋さん
・空港から離発着をする飛行機を見る
・雨の日の展望台

関連記事

イルミネーションではありませんが、空港の滑走路の誘導灯や雨の日の展望台からの景色を楽しむという選択肢も代替としてありかと思いますよ。

スポンサーリンク

天気