スマホは要らない?依存してると失ってるものも多い!

夕暮れ

今や電車やバスに乗れば右も左もスマホスマホの光景。

みーんな下向いて何やら画面と向き合ってる、
なんて今から10年前はなかった光景ですよね?
そんなスマホは便利ですが、
便利すぎるが故に煩わしいと感じることもあるものです。
スマホって便利ですしつい手に取って用もないのに見てしまう。
そんなスマホは実はなくても大丈夫なんじゃないの?
と思うこともある訳です。

スポンサーリンク

スマホが必要ないと思う理由

スマホは確かにあると便利ですよね。
便利すぎるんですよ。

でも便利すぎるが故にハマってしまう危険性もある訳です。

街中や電車の中を見渡してもスマホスマホの人ばかり。

そこまで急ぎの要件か?
というとそうでもない場合のが多いかと思います。

ではなぜスマホが要らないと思う事があるのか?
というと

・無意味にスマホを見る
・SNS通知に振り回される
・グループLINEが非常に煩わしい
・実は時間の浪費
・視力の低下
・身体への弊害
・人間関係の悪化
・ちょっとした変化に気付けない

ざっと理由を挙げてみましたが、
これだけあるように思います。

無意識のうちにスマホを見る

スマホがなかった時代というのは電車に乗れば、
本を読むか外の景色を見るか車内の広告を見るか過ごし方は様々だったと思うんです。

ただスマホが登場してからは?
というと鳴ってもいないのにスマホを取り出して画面を見る。
見るだけならまだいいんですが、
スマホってちょっとだけ見るつもりがSNSやニュースを見て気づいたら延々と時間が過ぎる、
なんてあると思うんですね。
でもそれってホントに必要な事といつも思うんですが、
実際電車の中で他の人が何をしてるのだろう?
とコッソリ画面を見たことありますが大体はSNSやLINEやゲームという事が多いんですよね。
ちょっと意識して見るならまだしも、
延々と見てるってスマホの完全に振り回されてるなと気づいたことがあり要らないと感じる理由の一つ目がこれですね。

SNS通知に振り回される

インスタやtwitterは私は今はやってないのですが、
「いいね」通知ってありますよね?

そもそも何故そこまでしてもSNSアプリを頻繁に開くのか?
というとあの「いいね」を欲しいのではないのか?と思う訳です。
人って誰しもが承認欲求があるものですが、
SNSの「いいね」はまさに人からの承認欲求を満たすものなのかなと思うのです。
ただ実際は承認されたかの錯覚であって実際に承認されたのとは別だと思います。
でもそれがあたかも人から承認されたかのように思って、
また次から次へと「いいね」が欲しくて投稿する。
それって砂漠で喉が渇いてずーっとコーラばかり飲んでもまだまだ喉が渇いて仕方がない無限ループにハマり込むのと一緒だな、と思いましたし時間がいくらあっても足りないので個人的には止めましたが特に生活に支障はありません。
SNSの沼にハマりだすと抜けるまでに相当時間がかかりそうですし、
何よりも実生活に害がでそうで私は止めましたね。

グループLINEが非常に煩わしい

日本で暮らしていると大多数の人がLINEアプリインストールしてますよね?

ちょっとしたとこで知り合った人でも、
連絡先交換というとほぼLINE。
単に連絡するだけの手段であるうちはいいのですが、
LINEの煩わしい点はグループLINEの存在。
大体いくつかのグループLINEがあるかと思いますが、
私は個人的にあのグループLINEで他のメンバーと同じ空気を醸し出さないといけないような同調的な雰囲気が大の苦手。
意見って違うからこそ価値がある訳で、
自分を曲げてまで同調するってことが必要かなと思う訳ですよ。
それにグループLINEの場合お節介な人も中には居るもので、
返事をしないだとか既読にしないとわざわざ電話までしてくる人もいたんですよね。
自分の貴重な時間をわざわざ人との同調の為に使うのは勿体ないし、
そこで気を遣うのは嫌だなと思ってます。
基本私は空気を読まない人間なので、
グループLINEは必要なくなったら即グループを抜けますし、
通知は基本オフにして自分の生活の邪魔をさせないようにしてます。

実は時間の浪費

スマホの要らないと思う理由で時間の浪費も大きいと思います。

果たして本当に今の瞬間に調べる必要があるのだろうか?
返事をする必要があるのだろうか?
と問うてみるとそこまで大事じゃない事のが多いと思うんです。
単にスマホを開いた「ついでに」LINEを見て、
ニュースを見て、
ニュースで気になった情報を調べて、、、
これって自分が主体的になって何か調べたというのではなく、
スマホアプリからの通知や関連情報を延々と追ってるだけという事実。
スマホや機械側が「あなたにおススメ」と情報をポンと出されて見てるだけなんですよね。
それって長い目で見れば、
その時間で成し遂げられた時間をそれだけスマホ通知で失われると思うとぞっとしますね。

視力の低下

これもスマホが要らないと思う理由ではないでしょうか?

ただ要らないといっても、
通話やちょっとした調べもの程度ならまだしも一日中手放さないだとか、
電車に乗ればずーっとスマホスマホで近くばかりの生活や布団に入ってまで暗い所で見ればそれは視力が落ちますよね。

身体への弊害

身体への弊害と書くと重大そうに聞こえますが、
スマホ操作をしている人を客観的に見たことありますか?

大体が猫背で前かがみになって画面見てますが、
長時間あの体勢だと首に負担がかかってきます。
私も依存症だったころには前かがみの生活でかなり首を痛めてしまい、
治すまでに時間がかかりました。
程よい使い方ならいいのですが、
依存するまでとなるとスマホとの付き合い方を変えた方がいいのかもしれませんね。

人間関係の悪化

人間関係の悪化というとスマホを延々と操作していると依存性がありますので、
スマホを操作している人とそうでない人との間に溝ができるということで理由の一つに挙げました。

例えばですが、あなたのパートナーがあなたそっちのけでずーっとスマホの通知ばかりをみて、
手が空いた時だけアナタの相手をしたらどうでしょう?
かなり関係は悪化するハズです。
目の前のあなたよりもスマホ通知優先ともなると、
そもそも一緒にいる理由も段々となくなるのではないでしょうか。
相手が延々とスマホのSNSにハマってるならそれはもはや立派な病気だと私は思います。

ちょっとした変化に気付けない

今や電車に乗ればスマホスマホですが、
例えば天気のいい晴れた日に景色のいい場所を通ったとしてもスマホを見てれば気づけませんよね。

スマホを操作してなければ、
ちょっとした景色や季節の移り変わりに気付けますがスマホ操作で一杯だとなかなか気づけません。
スマホのSNS通知越しに景色を見ないでも直接自分の目で見ればいいのでは?
と私個人的には思うのですが。

スマホとの距離を徐々に取るようにしてみた

湖
私も一時期スマホ依存が酷い時期があり、
休日ともなれば7時間操作してることもあったんです。

これが一日二日ならまだしも休みの度にこれだと流石に時間が勿体ないな、
と思いましてスマホとの付き合い方を変えてみました。

・外出時にスマホを持ち歩かない
・寝室にスマホを持ち込まない
・週に1日はスマホを一切触らない

この3点を生活の中で行ってみました。

外出時にスマホを持ち歩かない

ちょっと外に5時間6時間の外出時にスマホを持たないで出る生活を始めてみました。

最初のうちは手持ちぶたさで何もすることがないのでは?
と思ってしまいましたが、
・本を読む
・外の景色を楽しむ

で解決しました。
いかに今までの隙間時間にスマホ依存になっていたのか?
思い知らされましたが持たないと持たないなりに何とかなるものです。
それにスマホを持たないでの外出となると、
景色や季節の移り変わりも楽しめましたし時間がゆったりと過ぎていく感覚を味わえましたよ。

寝室にスマホを持ち込まない

ベッドサイドにスマホを持ち込むと、
つい寝る直前まで見てしまうという生活をしてました。

また起きれば起きたでスグにスマホの通知を確認する生活。
完全に依存症ですね。
ですが寝室にスマホがなければ布団に入れば寝るだけですし、
朝は時計の目覚ましで起きるだけというとてもシンプルな生活に戻りました。
寝る直前までスマホを見て視力を落とすよりは余程いいかな、
と思ってます。

週に1日はスマホを一切触らない

週に1日か2日完全にスマホを触らない生活も実践してみましたが、
始めのうちは禁断症状が酷かったです。

また時間の過ぎ方が非常に遅く感じるんですよね。
スマホを操作して画面に釘付けになってると時間はあっという間に過ぎますが、
スマホなしだと始めの内は時間の経過が非常に遅く感じました。
ただこれも慣れるとスマホなしでも、
本を読んだり、
筋トレをしたり、
外に行って気分転換したりと段々と慣れてくるものです。

スマホの代替えとなるとガラケーだが、、、

携帯電話
もしも仮にスマホを止めてガラケーにしたとしても、
3Gの電波が2026年を最後に停まってしまいます。

となると純粋な今までのガラケーではなく、
4G(VoLTE)対応の機種になるのでしょうか?
となるとスマホを持ち歩ているのと変わらないのでは?
とも思えるので私個人的には スマホから通話とSMS以外の必要最低限のアプリ以外は削除してしまえばガラケーと同じ使い方 ができると思います。
そしてアンドロイドの場合はモバイル通信をオフにしてしまえばネット回線を切れますので、
通話とSMS通知しか使用できなくなります。
となれば形はスマホをしてますけど、
できることはガラケーとしての使い方ができるので必要最低限の機能でいいならこの使い方もアリかと思います。

さいごに

スマホとの距離を置いてみて思ったのは、
集中力の低下と漢字が書けなくなったことです。

今はスマホとパソコンで文字を書かないのでちょっとした漢字が書けなくなってるのと、
集中力の予想以上の低下を感じてます。
スグに結果が出ないとイライラしてしまってた時もありましたので、
何かジックリと取り組む分野に挑戦するとなるとスマホは時に弊害となるなと感じてます。
便利で使いこなすならいいけど、
使われてはまずい、そう思うこの頃です。
関連記事

スポンサーリンク