人のせいにする治し方と他責を止める方がいい理由

男性

何かあると何でもすぐ人のせいにしてしまうってありませんか?
日常のちょっとしたことでもいいですが、
他人の言動や行動が気にくわないからと全て他人のせいに。
とはいえそのようなことをしても、
また別の所で別の問題が勃発するだけで根本的な解決にはなってないんですよね。
そんな人のせいにするのをどうにか治すには?
ということで今回はご紹介します。

スポンサーリンク

人のせいにするのを治す方法

人込み

普段の生活で何か事が起こって他人が起こって他人を頭の中で責め立てたり、
怒鳴ったとしてもその瞬間は相手に勝ったように思うかもしれません。
とはいえまた別の場面で別の状況で別の人に怒りやネガティブな感情を抱いたりってあるかと思います。
これって結構疲れますよね。

他人や周りのコントロールは非常に大きな労力を伴う

他人や周囲の状況をあなたの全て思い通りにできるか?
思い通りに動いてくれるか?
というと動かないですよね?
逆を考えれば分かりますが、
他人が他人の望むようにあなたに動いてほしいなんて思われたら「何っ?」って思いますし反発しますよね?
なので他人のコントロールはムチャクチャ難しいものと心得ておくことです。

物事や状況への反応の仕方は自分で選べる

で、その上で他人や周囲の状況で自分の気に入らない事があったとしても、
それってただの状況や物事という非常にシンプルなことなんですよね。
ということは 何か物事や状況があったとして、
それにあなたなりの意味づけをしただけ 
であるということ。

まぁ生きてれば嫌だと思う事ってあると思いますよ?
とはいえこれって自分が何か事や状況があってそれに悪い意味付けをするってのは自由ですが、
そもそも何故そうなるのか?
と考えると「自分を優先してしまう」からだと思います。
・自分が先
・俺のものだ
・自分が自分が
というのが前面に出てしまってると相手からも同じような反応が返ってくるものです。
だとしたら、

・相手に譲る
・相手の行動がどうあれ自分の思考をコントロールする
・相手のいい所を探す

ということをするだけでも違うと思いますよ。

結局自分で取った行動が相手からも返ってくる

ブーメラン

逆を考えればわかりやすいですが、
相手から横柄な態度を取られたりしたらアナタも内心嫌な気持ちを抱いてしまうのではないでしょうか。
逆に相手がにこやかでアナタを受け入れてくれて親切にしてくれたら、
その人にいい印象を抱きいい反応を返そうとするのはごく普通の反応だと思います。
相手や周囲の状況が気にくわんから、
と言って 相手を責め立てたり相手のせいにすればするほど相手からも同じような反応が 返ってきますよね?
自分の行動や思考に応じて他人からの反応大体は決まるとしたら、
人のせいにしてると他人からもあなたのせいというリターンが返ってきます。

スポンサーリンク

ならば人を許してしまって相手の長所を見つけた方が早い

言わんとすることはサラっと書いてますが、
最初のうちは大変かと思いますよ。
人を許したり、
相手の長所を見つけたりって。
今まで相手のせいにするのが習慣になってたら尚更だと思います。
とはいえ常に人のせいにしてるだけだと、
結局自分が一番疲れますし何ら問題解決にはなりません。

他人は思い通りには動かないとしたら、
相手を許して相手の長所を見つけて行動した方が相手からもいい反応が返ってくる率が上がります。

・人を許して
・相手の長所をみつける

をする方が勿論相手も嬉しいものだし、
あなたもネガティブな反応や態度を抱いて消耗することをしなくて済みます。

人のせいにしてもデメリットしかない

散らかった机

人のせいにするってその時その瞬間は自分の責任じゃないから楽だとお伝えしましたが、
ただ長期的に見たらデメリットのが大きいです。

というのは、

・最終的に人からの信用を無くす
・自らのコントロールを失う
・全て他責の為に自らで問題解決をしなくなる
・自分が疲弊する
・無限ループの人の批判を繰り返す

という問題に直面します。

何かあったらスグに人のせいにするのが癖になってると、
周りも「またアイツには人のせいにされるから関わるのよそう」と思われたり、
人のせいにしてる時点で自分自身のコントロールを失います。

結果常に他人や状況に振り回され、
思うような振る舞いや状況が周囲から得られないとイライラしていくという悪循環になりエネルギーを無駄なことに使ってしまいます。

勿体無いですよね?
イライラしたことに感情を使うなんて。

起きる出来事を自分の心のコントロールのキッカケとして利用してしまう

腕

生活では様々なことが起こりますよね。

仮に朝のラッシュだとしましょうか。

満員電車で人には押されて、
自動改札で前の人がチャージしてなくて止まってイラっときて、
駅の階段で滑ってまたイラっときて、、、
これって疲れますよね。
常に他人のせいだと。
人に押されても人を許して行ける心に余裕のある状態で、
前を歩く人がチャージしてなくてぶつかりそうになったら左右どちらかにいけばいいだけの話なんですよね。
そう、単に物事や状況があって、
人が何かアナタに意図的にしてきたという訳でもない限りはその状況にいちいち反応してたら消耗するだけです。
だとしたら打算的かもしれないけど、
その状況下でアナタはあなたの思考をコントロールするキッカケを作ってくれてありがとうと心の中で言ってしまうというのも手かもしれません。

さいごに

人のせいにするって楽なんですよね。
他責にしてしまえば何も考えなくていいし、
相手のせいだから。
とはいえこれって自分が疲れますし、
また自分のことをコントロールしてるわけでもありません。
ならば周囲の状況がどうあれ、
最終的にコントロールすべくは自分という事です。
関連記事

スポンサーリンク