人のせいにする治し方や周囲にそんな人がいた場合どう対処していけばいいか?

指

何か問題が起こるとスグに人のせいにすることってありませんか?

あの人がどうこうだとか、
自分以外の誰々が、
ってよくあるのではないでしょうか。

ただこのような人のせいにしても根本は何ら解決に至りません。

人のせいにする癖をどうしたら治していけるか?
今回は人のせいにするにはどうやっていけばいいのかということでお伝えします。

スポンサーリンク

人のせいにする癖の治し方

人込み

私たち人間は問題が起こるとつい人のせいにしがちだと思うんです。
多かれ少なかれ様々な場面であると思うんですよ。

とはいえですが、
何か事が起こったとして人のせいにしたとしましょう。

でもそれで根本的な問題は解決したか?
というと恐らくしてないハズ

確かにその瞬間だけ切り取ってみればスカッとはするかと思いますが、
また別の場面に遭遇した場合にまた相手にイラっとして反応してしまうってあるかと思うんです。

要はこれって何か物事や状況があったとして、
その物事や状況という出来事に対して自分がイラっとくる選択をしてしまったということなんですよね。

ということはただの物事や状況があったとして、
どう反応をするか?という選択を自分でしただけ。

周囲の状況や人への反応は自分で選択している

周りの人が悪い、
アイツが悪いってついやってしまいがちですよね。

とはいえ毎回毎回相手や周囲へ反発して、
周りが悪いと人のせいにしていたらそれはそれは疲れますよね。

それにエネルギーもハッキリいって無駄だと思います。

人のせいにした時点で自分で自分の責任を負ってませんし、
例え相手に非があったとして自分が同じ土俵に乗ってしまえば自分の負けになってしまいます。

他人や人のせいにしたら確かにその時だけは勝ったように思えるかもですが、
こんなことを繰り返しているといつもいつも周囲との摩擦を繰り返すばかりに。

相手が悪いという思考の時点で自分のコントロールを失ってますし、
自分が選んだ感情に対しての責任を放棄してるという事でもありますよね。

状況がどうあれその 状況に対しての選択を自分で選んだ という非常にシンプルな物なんです。

責任を取る人のが選択の幅は広がる

何でもかんでも人のせいにするという事は、
他人から信用されないという事でもあります。

自分で選択したことに対して責任を放棄して、
全て他人が悪いという事はこれはこれで周りからの信用は無くなります。

ですが人のせいにするのが癖になってる場合は、
最初の内はきついかもしれませんが、

・自分で選んだ感情
・自分で選んだ会社
・自分で選んだパートナー

などなど様々な場面で 最終的には自分で選択した という事です。

強制されてどのような感情を持つか?
を指定されてる訳でもありません。

自分で選択したということを認められる方が信用されますし、
選択の幅も広がってきます。

人のせいにする前に

人や周囲の状況のせいにすれば自分で選んだことに対しての責任はないように思うかもですが、
そうしろと言われてた訳ではないハズ。

自分がそう選んだということです。

そこを認めることからがスタート地点です。
ですが何故自分が選んだ?という事を認められないのか?
という事は後程ご紹介します。

失敗は成長のチャンスでもある

空と人

人のせいすると自分の責任はないですが、
ただ人のせいにする時点で問題なりを解決するということをしなくなります。

それに失敗って誰しも有るものじゃないですか?
会社で仕事をミスっただとかってあるでしょう。

そのミスに対して確かにミスを起こしたのは自分だから自分に責任がありますが、
次回からどうやって同じミスをしないようにすればいいか?
を考えればいいだけの話なんです。

ミスは成長のチャンスともいいますし、
ミスをして仕事も覚えてくものです。

まぁ中にはミスすら認めないようなブラックな会社もありますがそれはまた別の機会にお話しします。

人のせいにしてもデメリットしかない

散らかった机

人のせいにするってその時その瞬間は自分の責任じゃないから楽だとお伝えしましたが、
ただ長期的に見たらデメリットのが大きいです。

というのは、

・最終的に人からの信用を無くす
・自らのコントロールを失う
・全て他責の為に自らで問題解決をしなくなる

という問題に直面します。

何かあったらスグに人のせいにするのが癖になってると、
周りも「またアイツには人のせいにされるから関わるのよそう」と思われたり、
人のせいにしてる時点で自分自身のコントロールを失います。

結果常に他人や状況に振り回され、
思うような振る舞いや状況が周囲から得られないとイライラしていくという悪循環になりエネルギーを無駄なことに使ってしまいます。

勿体無いですよね?
イライラしたことに感情を使うなんて。

すぐに人のせいにする人への対処

ノート

では逆に自分の周りに居る人が人のせいにする人が居たら?

そもそもですが、
勿論人のせいにする側は問題ありです。

ですがそのような場合に何かできないか?
というと、

・形に残す
・関わりは最低限に留める
・自分なりの意見を持つ

ということをしてみてください。

形に残す

人のせいにする人は瞬間瞬間で相手に何か擦り付けても後で問いただしても覚えてないという事ってあります。

なので会社だとしたら何かの依頼があればすぐにメモして後で証拠として突き付けるだとか、
もしくは周囲の人にも協力を仰ぎ対策を取る。

関わりは最低限に留める

次は人のせいにする人との関わりは業務上の最低限に留めて、
必要以上は関わらないようにする。

とはいえ人のせいにする人は根本的に人のせいにしている時点で、
自分のコントロールを失ってる訳ですし、
他人への依存も考えられます。

周りからの関わりが段々と薄くなるとやっと気づけばいいですが、
なかなか自分を客観視できるって少ないですから気づいたら一人になっていたなんてあり得そうですね。

自分なりの意見を持つ

そして最後に 自分なりの考えを持つ。
 
これが結構大事で、
よく他人は自分の鏡というのを聞いたことありませんか?

これが個人的に一番大事だと思ってまして、
人のせいにする人から離れたりしてもまた別の場面で同じようなことに遭遇する可能性ってあると思うんです。

というのは確かに人のせいにしててイライラするわーってあるかもですが、
その前に自分がどう行動してどう考えるか?です。

意見を持たずに人にハイハイ従うようなタイプですと、
人のせいにするようは人からすると言いやすいい相手でもある訳です。

なのでハッキリとした考えや意見を持って相手に付け込む隙を与えないというのも必要ですし、
自分の側も「あの人が私のせいにした」という考えがないか?
確認してみるといいかもしれません。

なかなか自分のことは見えずらいし、
認めたくない部分もあるでしょうけれど自分もどこかで人のせいにしているからそのような相手が現れてるということも考えられます。

コントロールすべくは自分

確かに人から責任を擦り付けられたらイラっときますよね?

ですが自分の側にも言われやすい要素はないのか?とか、
相手から言われてイラっと来たという感情を持ったのは自分な訳です。

それに人のせいにする人は最終的に人が離れますから、
放っておいても自滅します。

  • 提案として
人から「あなたのせい」と言おうが無反応をしてみてはいかがでしょうか?

いちいち反応をして怒ってというのは感情とエネルギーの無駄使いですし、
何らいいことありません。

もっと建設的なことにエネルギーを使う方がいいと思いませんか?

相手を変えるだとか、
相手に変わって欲しいと思っても相手を変えるのはムチャクチャ難しいです。

そこにエネルギー使うより、
自分がどうあるか?
自分をどう変えるか?
の方がよほど変わりやすいです。

自分が自分なりに意見や考えを持ち、
いちいち人のせいにする人に反応し無くなれば周囲の状況も自然と変わるもの。

スポンサーリンク

人のせいにする理由とは?

そもそも何故人のせいにしてしまうのでしょうか?

人は誰でも認められたいという承認欲求ってあると思うんです。

誰かからよく思われたいだとか、
称賛されたいってあると思います。

他者からの称賛欲求が少しだけならまだしも、
常に人からの称賛欲求があると常に人から認められたりしてないと不安なのでしょう。

要は自分で自分を認める(自己肯定感が低い)ため、
他人からの称賛が必要になる訳です。

で他人から思うような反応を得られないとその他人のせいにしたりするという悪循環に。

何事も最終的に自分が選んで決定してるのに、
それを忘れて他人が決めたかのように思って他人のせいにということですね。

自分に自信がない?

自分で自分を認める力が弱いと他人からの称賛が主になりますが、
自分で自分を認めるということがしにくいのかもしれません。

私事ですが、
私の以前の会社の上司もまさにこんなタイプで、
いーっつも人に対して怒ってばかりで何かあれば部下の責任で手柄は自分のものという最悪のタイプの上司でした。

でも孤独には弱く結構打たれ弱いタイプでしたので、
内心は自信がないけどそれを悟られたくないから常に威張って怒って虚勢を張ってたのかもしれません。

自分の意見が全てなのかも

小さい時から甘やかされて、
常に周りから何かして貰ってるのが当たりまえに育つと周りから何かして貰って当然で自分の意見が全てと思うのかもしれません。

とはいえ社会にでれば様々な考えや人が居る訳ですし、
多様性があるのが普通です。

まぁ常に人のせいにする人のバックグラウンドはその人でないと分かりませんが、
私の以前の上司は自分の意見考えが全てというタイプだったのでそういう人も居るのかもという程度にお考え下さい。

起きる出来事を自分の成長のキッカケにする

腕

人のせいにすることにいちいち反応していてもハッキリいって疲れますし、
相手をするだけ無駄です。

だとしたらそのような相手を反面教師として、
自分がそうならないようにすることにするといいかもしれません。

人のせいにしないということは自分で選択したことは全部自分の責任だと認めることです。

他責が癖になってると最初のうちは認めるって大変かもしれませんが、
ただどのようなことでも自分で選択してる訳です。

それを他責にした時点で責任を放棄してしまう訳ですし、
責任を放棄するということは他者次第ということです。

これって毎回他者に振り回されることになりますし、
自分がどうなるか?が見えません。

なので何事も自分が選んだと認めて、
自分が全てに責任を取ると認めれば選択の幅もぐーっと広がりますし、
他人の反応ありきから脱却できます。

さいごに

人のせいにするということでお伝えしましたが、
これって結構遭遇しますよね。

とはいえ完全に遭遇しなくするのは難しいですから、
まずは自分がどうあるか?に焦点を当てて、

・自分なりの確たる意見や考えを持つ
・NOという
・自分も他責にしてないか?

というのを改めて考えてみてもいいかもしれません。
関連記事

スポンサーリンク