休日の昼寝癖でつい時間を無駄に!何とか時間を有効にするために何ができる?

ビーチ

休日の天気のいい日に用を済ませて昼になってご飯を食べたらウトウトして昼寝、
とても気持ちいいですよね。

起きたらいつの間にか2-3時間寝てしまって時間を無駄にしてしまった、と後悔することってありますよね。

寝てる時はとても気持ちいいのですが、起きてからの時間を無駄にした感が!

今回は昼寝で長く寝てしまう癖を少しでも改善するには?ということでお伝えします。

スポンサーリンク

休日の昼寝癖を治したい!時間を無駄にしてしまうのを何とか避けるには?

昼寝
昼寝事態はとても気持ちのいいものですよね。
ただ寝すぎてしまうと時間の無駄、という後悔が襲ってくるかと思います。

まず昼寝をしてしまうのにはそれなりの理由があるかと思います。

昼寝をしてしまう理由

・夜の睡眠時間の不足
・朝の起床が早い
・昼食を食べすぎてしまう
・午前中や午後にあまり身体を動かさない
・疲れが溜まっている

等の理由があるかと思います。

昼寝をしてしまうのは必ずしも悪いこととは私は思いません。

眠い時に無理に頑張ろうとすれば勿論頑張れますが、
昼寝をせずに午後頑張るって結構きつくないですか?

なので昼寝を絶対にしないでコーヒーやカフェインを摂取して乗り切るというのも一つの手かもしれませんが、
実際それで乗り切るとあまり気持ちのいいものではないですよね?

何だか頭がぼやーっとしてて1-2時間してやっと目が覚めてくるような感覚とでも言いますが。

なので昼に強烈な睡魔が来た時には寝た方がいいです。
ですが、本格的に寝てしまうと2-3時間と寝てしまって後悔しますよね?

なので寝るときに少しだけ起きやすいようにします。

昼寝の時間を短くするために
・夜の睡眠時間を6-8時間はとる
・可能であれあ23時までには寝る
・昼寝は布団の中でなく、本格的な睡眠に入らないように机などで突っ伏して寝る
・30分後にアラームをかける
・昼寝の前にコーヒーなどを飲む
・リラックスできる音楽をかけておく
・(晴れていれば)太陽光が入るようにしておく
・朝食後に日光を浴びるようにする

以上のことをしてみればいつもよりは昼寝の時間が短くはなるのではないでしょうか。

また昼寝から目覚めたら、
血流をよくして目覚めさせるために軽くストレッチをしたり、冷たい水で顔を洗えばスッキリとしますよ。


スポンサーリンク

食事の後に昼寝をついしてしまうが、あまり眠くなりにくい食事ってどんなもの?

サンドイッチ
食事の後に昼寝をしてしまう。

食べたら眠くはなりますが、食事でも昼間にお腹が空いているから、と
・炭水化物を多く摂取する
・食べすぎ

ということをすると消化のために眠気がより強くなったりします。

強烈な眠気を避けるために

・炭水化物の量をいつもより減らす

ということをしてみてください。

またこの他にも、食事で身体にいいとされる
・豆腐
・納豆
・荒野豆腐

を摂るようにすると身体にはいいですから取り入れることをおすすめします。

さいごに

今回は昼寝の癖や昼寝の時間を少しでも短くするなら、ということでお伝えしました。
昼寝は短時間であれば眠気もスッキリしますし、必ずしも悪いものでもありません。

ですので絶対に寝ない、ではなく寝る時間を短くするだけでも違ってきます。
寝ない寝ないだとどうしても眠気を抱えたまま午後も過ごすとどうもスッキリしませんしね。

なので短時間の昼寝の工夫をしていい目覚めになるといいですね。

関連記事

スポンサーリンク