ビールとごはんを同時に頼んで食べる?これって地域差?それとも自分だけ?

2020-05-22

ビールジョッキ

一日を終えて冷たいビールとつまみを注文して至福のひと時って最高ですよね?

ビールを頼んだならビールをしばらく堪能してからお腹が空いたらご飯や麺類という頼み方が普通という認識の方が多いのかと思いますが、
ビールと一緒にご飯や麺類を同時に頼んで同時に食べるというのに驚かれたり。

同時に頼むって変なことなんでしょうか?
今回はビールとご飯を同時に頼むのはなぜ?ということでお伝えします。

スポンサーリンク

ビールとご飯を同時に注文して食べるのって考えられない?

米
ビールとご飯をいきなり注文。
これってあまりないんでしょうか?

最初にビールとアテを頼んで、もしもお腹が空いていたらご飯でお腹を満たすというのが大体多いのかな、とも思います。

ですが、最初からビールとご飯を同時に頼むというのを見ることもあるかと。

でもなぜ最初からビールとご飯?って思いますよね?

ビールとご飯というと酒飲みからすると「?」となりませんか?

これは周りを見て本人などに聞いてわかってきたことですが、


・あまり酒に強くない
・シッカリと食べたい

という方がビールとご飯を一緒に頼むことが多いようです。

なのでビールとご飯が絶対にないか?というとそうでもなく、
上記にあげた理由の他に、


・店に入ってビールを注文すればすぐに出てくる
・ビールを乾きものと一緒に食べてその間に食べたいご飯をユックリと決める


ということもありませんか?

どの地方のご飯屋さんでもそうですが、
ご飯の他にもメニューにほぼビールがあったりすることのが多いかと思います。

なのでこればかりは地域差というのはあまり関係なく、
酒をしこたま飲む人からすると、


・ご飯ものは酢飯以外のものは酒に合いにくい
・合いにくいが為に酒の邪魔になる

ということも考えられますのでビールのあとにお腹が空いたらご飯なのではないでしょうか。

※ただ、ご飯ではなく、
洋食の場合、
洋食に洋酒(例えばパンやパスタにビール、ワイン)の組み合わせはよく合うのでビールとご飯のように同時だと「?」という話になりにくいのかな、とも思います。

●出張の帰りなどに新幹線でビールとご飯を同時に買う場合

仕事を終えて帰りの新幹線でビールと弁当はあえて分けて買わないことのが多いかと思います。

買うときは同時に買って、弁当の肴にするところと一緒にビールを飲んで、
後で弁当の残りのおかずにする部分を食べる場合も。

新幹線の中で別々に頼むより、同時にというのは最初にビールを買って次にご飯を、となった時にスグにワゴン販売が来ればいいのですが、
注文したいときに限ってなかなか来なかったり・・・

なので新幹線などの場合にはビールとご飯(お弁当)を同時に頼んで食べるときはご飯を後から、ということも考えられませんか?

スポンサーリンク

ビールとご飯を同時に食べるのは合わない組み合わせ?

定食屋
先ほどはビールとご飯は酒の邪魔になるから最初は酒で後からご飯ものを頼む、
また同時に注文する場合の考えは酒に強くない、またはシッカリ食べたいことが多いということでお伝えしました。

で、実際ビールとご飯を同時に注文して食べるのはどうなの?ということですが・・・


ビールとご飯を同時に食べるというのは

・ご飯は炭水化物ですが、ご飯と同時にビールだとビールも炭水化物同士で辛いと考えたり

・ビールはご飯の代わりの炭水化物ではなく口を潤す飲み物代わり

ということもあり得ます。

こればかりは人によりけりですし、どこの地方だからというのはあまり関係がないので、
水代わりにご飯とビールを頼むこともある、ということ。

ご飯と一緒でも以外と美味しいものではないでしょうか。

さいごに

今回はビールとごはんを同時に注文したり、食べたりするのはどうなのか?

ということでお伝えしましたが、酒飲みからすると同時というのはあまりないのかな?とも思いますけれど、
シッカリと食べたい場合や口の中を潤すのにビールという頼み方もあります。

なので一概にどこの地域だからというのではなくその人によりけり、ということです。

今日も美味しくいただきましょう。

関連記事

スポンサーリンク