スポーツ

水泳をすることでどの位の筋肉を付けることはできる?

投稿日:

筋肉質の男性

最近世間では筋肉ブームが巻き起こっていますよね。

また、最近はダイエットをする上で筋肉をつけることの重要さなども注目されてきて、筋トレを始めた方、始めたいと考えていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

さらに最近は筋肉ブームもありますが、水泳も注目されているスポーツでもありますよね。

ジムなどではプール設備が整えられている施設が多くなってきているような気がします。そんな注目されている2つの種目ですが、実際に水泳をすることで筋肉を付けることができるのかどうかについて今回はご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

水泳で筋肉を付けることが可能?水泳は筋トレ効果あり?

水泳
 結論から言いますと、水泳をすることによって筋肉を付けることはできます。

水泳はご存知の通り、全身を使うスポーツであり、特に上半身の筋肉をよく使うため、水泳をすることで筋肉を付けることができます。

 ただ、よく筋トレを行う時は筋肉に負荷をかけて行いますよね。

例えばダンベルを使うものであれば、自分のレベルに合わせて重さを変えて筋肉に負荷をかけ、それを抵抗する力を用いてトレーニングを行うかと思います。

ですが、水泳はたしかに全身の筋肉を使うスポーツではありますが、水の抵抗や、浮力などでしか体に負荷をかけることができず、筋トレを目的として水泳を行うのであれば少し物足りない結果となってしまうかもしれません。

ですので、 筋トレを意識して水泳をしていきたいのであれば、水泳と組み合わせて、別メニューとして筋トレを行うこと によってより効果が得られますので是非参考にしてみてくださいね。

水泳でも工夫をすることで多少の負荷の調節は可能!?

筋トレ
 先ほど、筋トレを目的として水泳を行うことは、物足りない結果になってしまうかもしれないことをご紹介しました。

ですが、水泳を行う上でも少しの工夫をすることによって負荷を調整することが可能です。そのポイントについてご紹介していきますね。

 

まず水の抵抗、つまり筋肉への負荷を増やすために

①体が水に触れる面積を増やすこと
②スピードを意識して行うこと

以上の2点がポイントとなります。

ですので、ただ泳いでいてもなかなか筋トレ効果は得にくいということですね。

普段の水泳場面からタイムなどを気にして泳ぐことによって、より体に負荷がかかり、その負荷に対抗しようと筋肉を動かすことができるので、筋トレ効果に繋がります。

 また、施設によっては水泳中に付けられる、手袋型のミットや、足に付けられるダンベルのようなものを使えるところがあるそうです。

こういった道具を使っても負荷を調節することができるかと思いますので、是非試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

水泳は泳ぐことだけではない。色々な種目を組み合わせてメニューを組もう

プール
 水泳といえば、クロールや平泳ぎなどがイメージしやすいかと思いますが、泳ぐだけではありません。

水中ウォーキングなどのメニューも筋トレには効果がありますので、是非普段のメニューに加えてみてはいかがでしょうか。
 

●ちなみに、泳ぎ方によっても使う筋肉は違ってきます。

例えばクロールであれば、胸や肩の筋肉がよく使われ、タイムを気にするとなるとよりキックの力が必要となりますので太ももの筋肉を鍛えることができます。

また、平泳ぎで言えば、胸や背中の筋肉をよく鍛えられるそうです。

他にも水中ウォーキングでは歩き方によっても鍛えられる筋肉の部位が異なってきますので、是非、鍛えたい筋肉がある方は調べてみて、メニューを調整してみてはいかがでしょうか。

おわりに

今回は水泳で筋肉がつくのか、ということでお伝えしました。

水泳は筋トレ効果だけに限らず、陸上で行う運動よりも多くのカロリーを消費することができます。

加えて、浮力で関節への負担を少なくしながら運動することができるということで子供から年配の方まで幅広い層の方が挑戦できるスポーツだということで最近注目されています。

ただ、いくら体に優しいスポーツだとはいえ、有酸素運動であり、全身を使うスポーツでもあるためケガなどの心配ももちろんありますので、是非水泳を行う前には準備体操やストレッチをしてから始めるようにしてみてくださいね。

関連記事

スポンサーリンク

-スポーツ
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

日本ブログ村

Copyright© fly-by , 2020 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!