日常生活

食事制限で痩せない時にする3つのことや痩せやすくするには?

投稿日:2019-11-12 更新日:

スクワットをする男性

好きな食べ物を制限してて体重を減らそうと頑張ったのになかなか減ってないというとショックですよね?

食べるものを制限したんだからやせるんじゃ?
なんて思いますよね。

今回は食事制限したのに痩せないのはなぜか?ということと、
痩せやすくするにはどうしたらいいのか、ということについてお伝えします。

食事制限して痩せないのはなぜ?

食事制限してなかなか痩せない。
普通に考えたら減りそうなもんですよね?

食べる量が減ればそれだけ体重も落ちそう、
だけれど減らない。

体重を減らすとはそもそもなんでしょう?
身体の中の脂肪を分解して外へ排出すれば軽くなる。

脂肪を身体の外へ出す為には?
・運動
・基礎代謝を上げる

ことにより、
汗、便となって身体の脂肪が分解されて外へとでていき身体が軽くなるということです。

要は新陳代謝を上げて行くのがベストということ。

新陳代謝をよくするためには?
・運動
・食事制限
・水分をよく飲む

以上のことで新陳代謝を上げて、身体の老廃物と脂肪を外へと出します。

では食事制限してるのになぜ体重が減らないか?
それは身体の老廃物と脂肪がまだ身体の中に残ってるから。

食事制限というと単に食べる量を減らせばオッケー、と思いませんでしたか?

実はこれが違っていて、
食事制限でも抜いてはいけないタンパク質を摂らなかったことが原因。

食事制限してタンパク質を摂らないと?

本来は身体の脂肪を減らしたいのに、
タンパク質がないがために身体の基礎代謝を上げる筋肉から分解されるからなんです。

なので食事制限をしている時でもタンパク質は必ず摂るように。

よくダイエットだと炭水化物を摂らないと聞きますよね?

炭水化物はタンパク質に比べるとカロリーが高めなのはありますが、
全く炭水化物を摂らないという訳ではなく炭水化物の量を控えた方がいいということ。

脂肪をより燃やすためには?

脂肪をより燃やしていくためには、
カルチニンというものが必要。

カルチニンは、脂肪を細胞に届ける役割を果たすのでカルチニンが足りていないと脂肪も分解しづらくなります。

カルチニンはどんな食材に含まれる?

・鶏のささみ
・牛肉
・豚肉

カルチニンは、鶏のささみ、豚肉、牛肉により含まれていてます。

鶏のささみは元から脂質が少ないので料理は楽ですが、

豚肉や牛肉に含まれる余分な脂質も一緒に取り込むのを防ぐ為にも脂分をカットしたり、

蒸したり焼いたりして肉の脂肪を落としてから食べるといいでしょう。

運動してるのに痩せないのはなぜ?

ダイエットというと食事制限とジョギングや水泳等の有酸素運動を一緒にするイメージですよね?

食事制限をした時に、
必要なタンパク質を摂らないと身体の筋肉は落ちます。

筋肉が落ちれば基礎代謝も落ち、
脂肪を燃やしづらくなってしまいます。

脂肪を分解させるには?

・タンパク質を摂る
・筋トレをする

食事制限をするのはいいのですが、
必要なタンパク質を摂ることで筋肉の元になりますし、

筋トレで身体を鍛えればそれだけ基礎代謝も上がりますので脂肪も燃えやすくなります。


※食事制限でタンパク質を摂らないとどうなる?

タンパク質を摂らないと起こること、
基礎代謝が落ち、
脂肪を燃やす筋肉が減る。

あまりにも食事制限しすぎると生きるための恒常性機能が働いてしまいま、
恒常性機能が働くと身体を維持しようと何を食べても身体に溜めこもうとしてしまいます。

これが食事制限しすぎて痩せない理由です。

ダイエットの食事制限はいつまで続ければいい?

ダンベル機器

食事制限で目標の体重に近づいたから食事制限はもうしなくてもいいもか?と思いますよね。

結論から言うと、

・食事制限はこの先も続ける必要がある

ということ。

今後も?というと萎えそうですよね。
ですがアナタが最近まで続けた食生活の結果が今の体形ということ。

要は今までが食べすぎていた状態ですし、
成長期も終えてる訳ですし、
その上運動習慣なければ太るのは必然とも言えますよね?

食事制限をこの先続けてくのは苦しくないのか?

この先も食事制限なんて聞くと好きなものを食べられない、
なんて考えてしまうかもしれません。

ただ、よくよく考えてください!
成長期が終わったにも関わらずあれこれと好きに食べていた訳ですよね?

となると以前の状態が「食べ過ぎ」だったということ。

なので食事制限が永遠と続くというより、
今回食事制限のキッカケにして量を控えた食事をしていることで、

以前より食べる量が自然と減ります

なのでこの自然と食べない状態で身体を慣らしてしまうのがいいですよ。

自然と食べない状態になりましたら、
その後はユルイ食事制限は続けますが、
目標とする体重になったら少しづつ食べたいものを様子を見ながら食べてみるのもいいでしょう。

体形をより変えていくには?

食事制限で摂取するカロリーを控えればだいか?
というとそうでもなく、

摂取するカロリーに対して消費するカロリーも同時に変えていく必要がある

ということ。

また体形を変えるとなると最低でも3ヶ月は必要になりますのでここは辛抱の時期ともいえるでしょう。

食事制限終えてリバウンドを防げる?

牛乳

食事制限終えてからリバウンド対策

リバウンドというと厳しい食事制限をしていたのを解除した途端に来そうなイメージですよね?

どんな時にリバウンドするのか?

今まで食べすぎていて脂肪で太った状態の人が、例えばダイエットをしようと決めた日から急激に食べる量を減らしたりする場合

がリバウンドしやすいといえます。

確かに体重は落ちますが、
身体にとってはかなり急激な変化のため、

変換が急激すぎるためストレスから食べる量が増えてリバウンドをするということはあります。

リバウンドを防ぐためには?

・ゆっくりと身体を慣らす
・バランスのいい食事をする
・運動をする

では具体的にどのような食事や運動をしたらいいのか、についてお伝えします。

ゆっくりと身体を慣らす

身体に急激な変化を加えないように、
食生活と生活習慣を変えていきます。

身体だけでなく、
精神も徐々に慣らしていくということです。

バランスのいい食事

食事で気をつけること。
栄養バランスのいい食事を心掛けるということ。

ただバランスが良くても摂取するカロリーがオーバーしてたらそれは痩せるのは難しくなりますよね?

・塩分の摂り過ぎに気をつける
・タンパク質をしっかり摂る
・野菜をしっかり摂る
・摂取するカロリーに気をつける

タンパク質が少ないと身体がむくむ原因になりますし、
塩分が多すぎれば血圧が上がりますのでタンパク質、塩分には気をつけましょう。

他にも摂取するカロリーを減らしはしますが、
その日の必要最低限のカロリーは摂るようにします。

ただどうしてもバランスのとれた食事を作る、
買いにいく時間がない時でしたらネットで購入可能な筋肉を付けて脂肪を減らすのをサポートしてくれる食べ物を取り入れるのもいいかもしれません。

マッスルデリ公式サイトで詳細な情報を見てみる


運動をする

体重を落としたときに、
激しい食事制限をした場合にタンパク質を摂らないで筋肉まで落としてしまうことはあります。

筋肉は元々重たいですし、
筋肉の重さが減ると体重は落ちます。

ただ、筋肉が落ちるということは、
基礎代謝も落ちてしまい痩せづらくなってます。

この状態で体重をキープしようと有酸素運動をしてとなかなか痩せやすい身体ではありません。

勿論有酸素運動もいいのですが、
有酸素運動と併せて落ちた筋肉を取り戻すために筋トレも軽くでいいてすからするといいです。

筋肉はいきなりはつきませんが、
付いてくれば基礎代謝があがり痩せやすい身体になります。

さいごに

今回は食事制限をしてもなかなか痩せないのはなぜ?といことでお伝えしました。

体重を減らすというのはある程度の期間が必要になりますし、
また食事と運動も必要になってきます。

どうしてもあれこれ食べて痩せたいと思うものですよね?
ですが、本気で痩せていくには何もしないで痩せるというのはちょっと厳しいものがあります。

最初のうちはどうしてもいつも食べているものを食べたい、という衝動にかられるかもしれませんが、
最初から完璧でというよりは少しづつでもできることを始めてみませんか?



-日常生活


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

日本ブログ村

Copyright© fly-by , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!