日常生活

1人暮らしの食事作りは面倒!もっと楽にする工夫とは?

投稿日:

まな板の食材

1人暮らしは家事に炊事に金銭管理といろいろなことを自分でしなくてはいけません。

特に、食事については外食に頼ってばかりだと健康的にもお財布的にも優しくありませんし、インスタント食品に頼るのも健康的とは言えません。

自炊をある程度しなければなりませんが、毎日違うメニューを考えて作るのも調理が苦手な人にとってはとっても負担だと思います。

そこで、今回は1人暮らしの食事について少しでも楽にできる方法をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

1人暮らしの食事のひと工夫!毎食2.3人前作ると楽できる!

 まず、1人暮らしの食事は、
1度に2.3人前を一気に作って、
 ・「作り置き」をすることをおススメしたいと思います。 

一度に大量に作って、(冷凍)保存しておくと次の日のお弁当のおかずにも入れることができますし、
仕事で忙しく炊事のやる気が起きない日などはそのおかずを解凍して食べれば炊事が面倒くさくないですよね。

また、一気に調理することによって、
ガス代や水道代も節約することができるので、お財布にも優しいです。

ちなみに、作ったおかずを冷凍保存する際には、
1食分ずつ小分けをして冷凍すると、解凍するときに1食分ずつ使えるので、便利です。

料理が苦手で毎日の自炊が億劫な方や、仕事が忙しく毎日の帰りが遅くなってしまう方など、ぜひぜひこの「作り置き」を試してみてくださいね。

スポンサーリンク

メニューに困ったら「鍋」を有効活用しよう!

鍋
 食事のメニューに困っている時や自炊のやる気が起きない時、外食に行くのも面倒くさい時ってありませんか?

私はしょっちゅうあります。
そんな時に私は季節に関わらず、 「鍋」を活用 するようにしています。

鍋は冷蔵庫にあった具材を適当に切って味付けするだけでできるので、ズボラさんにはもってこいのメニューかと思います。

鍋のメリット
・鍋はお腹いっぱいに
・野菜が摂れて健康的にも良いヘルシーメニュー

ので、自炊が億劫になった時にはぜひ試してみてくださいね。

ちなみに、冷蔵庫に何も野菜類などがない時もありますよね。

そういった事を防ぐために、普段からある程度の野菜やキノコ類、お肉類などを冷凍保存しておくことをおススメします。

そうすることで、食品ロスも減らせますし、いざ使いたい時にとても便利ですので、冷凍保存を使いこなしていきましょう。

食事のレパートリーを増やしたい。便利なアプリがあります!

アプリ
 食事に楽しみを見出したい時や、料理がもっとうまくなりたいと考えている方には、今までの方法は少し物足りなかったのではないでしょうか。

自炊に関して、もっと一生懸命にやっていきたいと考えている方には、そういったアプリがあるのでそれをおススメしたいと思います。

そのアプリは、365日別々のメニューが表示され、そのアプリの作り方通りに料理を作ると365日毎日違ったメニューを作れるというものです。

そのアプリを使いこなせれば、料理のレパートリーも増やせますし、たくさん色々な料理に挑戦することで、ちょっとしたアレンジができるようになり、料理の腕をぐんと上げることができます。

自分の中で得意料理が数品あると、友達や家族、彼氏彼女にふるまうことができるので、自分の中でちょっとした自信にも繋げることができますよね。

また、アプリでメニューを決めてくれるので、栄養バランスや献立に困るなどといったことも防げます。料理の腕を上げたいと考えている方は是非試してみてくださいね。

おわりに

 自炊はとても億劫だと私は感じてしまいます。

でも、外食やインスタント食品に頼るのはお財布的にも健康的にも良くないので、できるだけ自炊をしようと思っていますが、
なかなか日中の疲れを理由に頑張れていない状況です。

ですが、今回紹介した「作り置き」や「鍋」の活用、「アプリ」の活用をすることによって、自炊の負担を少し軽くできるのではないかと思いますので、あなたも是非、試してみてくださいね。

関連記事

スポンサーリンク

-日常生活
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

日本ブログ村

Copyright© fly-by , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!