スポーツ

水中ウォーキングをするなら頻度はどのくらい?その効果や工夫の方法も紹介!

投稿日:2019-07-07 更新日:

最近「水中ウォーキング」がダイエット法として注目されていますよね。

水中ウォーキングは、ただ水の中を歩いているだけのように見えますが、水の抵抗で意外と全身の筋肉を使うため、ダイエット効果だけでなく、筋トレ効果もあり、トレーニング法としても注目されているようです。

また、水中ウォーキングは泳げない人でもできるので魅力的ですよね。ただ、何事もがむしゃらに数をこなすだけではいけません。

そこで今回は水中ウォーキングをこれから始めようと考えられているあなたに水中ウォーキングの効果的な頻度とその効果ややり方の一工夫をご紹介していこうと思います。

水中ウォーキングの効果的な頻度とは?


 水中ウォーキングは有酸素運動ですので、継続的にやることが重要です。
また効果が出づらく、だいたい3カ月続けなければいけません。

手っ取り早く痩せたいと考えている方にはあまりおススメできませんが、体重を落としながら、健康的な体作りをしていきたい方には水中ウォーキングは筋肉づくりも同時にできるのでおススメです。

水中ウォーキングの効果的な頻度と時間は?

・週2~3回で行うことが最も効果的
・1回につき20分~1時間が目安

ちなみに最低でも20分トレーニングをしなければ効果が得られないので注意してくださいね。

また、ご年配の方やトレーニングの最初の方など、体力が続かない場合は10分ごとに区切って間に少し休憩しても効果が多少落ちてはしまいますが、大丈夫ですよ。

運動初めなど、体が慣れていないうちは自分の体調と相談しながら、頻度や時間などを決めて運動してくださいね。

水中ウォーキングのメリット!他のダイエット法とはここが違う!


 実際水中ウォーキングって体にとってどんな効果があるのかをよく知らないまましている人もいるのではないでしょうか。

ですが、どんなトレーニングもどんなことに効果があるのかなどを意識しながらすることでより効果を引き出すことができるそうですので、ご紹介していきます。

 

水中ウォーキングの効果は?

・ダイエット
・筋トレ

・他に「肩こりや腰痛の軽減」
などの効果もあります。

普段陸上では、体重の分だけ体の関節に重さがかかり負担となっているのですが、水中では浮力があるので関節の負荷が軽減され、腰痛や関節痛、肩こりの緩和に繋がります。

また、水中に入るだけでリラックス効果もあるため、普段のデスクワークの終わりに水中ウォーキングをすることで、肩こりなどの疲れからリラックスしながら、筋トレをできてしまうので、とても魅力的ですよね。

是非リラックス効果や、肩こりの緩和なども意識しながら運動してみてくださいね。

水中ウォーキングはただ歩くだけでなく一工夫で全身を鍛えられる!


 水中ウォーキングって、その名の通りウォーキングですので、ただプールの中を歩くだけだと思ってはいませんか。

もちろんその歩き方が大事なのですが、ちょっとした一工夫をして運動することによって全身を鍛えることができます。

 

例えば

・「横歩き」
横歩きをすることで、体の側面側の筋肉を鍛えることができ、ヒップアップ効果が期待できるそうです。

・「腕を大きく振りながら歩く」
・「キックしながら歩く」

という方法も是非試してみてほしいです。

こうすることで、二の腕のダイエット効果や、より体を動かすのでただ歩くだけよりも大きな効果を受けることができますし、普段使わない筋肉も鍛えられ、全身にバランスよく筋肉をつけることができます。

さまざまな工夫を自分なりに凝らしてウォーキングすることで色々な効果が得られるので、色々試してみてくださいね。

まとめ

 いかがでしたでしょうか。

水中ウォーキングは水着の着脱が一見面倒くさそうに感じてしまうかもしれませんが、水中で運動することで、ダイエット効果、筋トレ効果、肩こり・関節痛の緩和効果、リラックス効果などさまざまな効果を得られることができるので、是非試して頂きたいと思います。

ただ、効果を存分に得るためには、全てのトレーニングを「正しい姿勢」で行うことが大切ですので、正しい姿勢を意識して挑戦してみてくださいね。

-スポーツ
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

日本ブログ村

Copyright© fly-by , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!