スポーツ

水泳の時にコンタクトをしたまま泳いで問題ないもの?

投稿日:

今は視力が弱くてもコンタクトレンズという便利なものがありますが、しかし、水泳をするときは外したほうがいいのか、ちょっと困ってしまいますよね。

でも、外すと不便なので迷います。

しかし、人それぞれに工夫して自分に合った方法で快適に水泳をしていますので今回は水泳の時にコンタクトをして泳ぐ場合には?ということでご紹介します。

スポンサーリンク

多かったゴーグルとコンタクトを併用している人

水泳のときは皆さんどのようにしているか調べたところ、次のようにしています。

★ゴーグルとコンタンクとを併用している人
・楽店の通販で、ゴーグルを自分の度に合わせて買いました。
度はコンタクトレンズの箱に書いてありますよね。

・コンタクトとゴーグルの2つを使って特別問題もなく泳いでいます。

・ひどい近眼なので、コンタクトを外すと足元さえはっきり見えなくて危険なので、コンタクトをしたままゴーグルも付けて泳いでいます。

★コンタクトをしたまま問題なく泳いでいる人
・もう何年もコンタクトを外さずに泳いでいても、特に問題ないです。

・度付きの水中メガネをしたこともありますが、プールサイドにあがった時に水中メガネをはずすと見えなくなってしまうので、やはりコンタクトレンズの方が楽なのでコンタクトレンズを付けたまま泳いでいます。

★コンタクトは外して泳いでいるという人
・海でも水泳の時でもコンタクトは外して泳いでいます。

★度付の水中眼鏡をして泳いでいるという人
・スポーツ用品店で水泳をするときの度付の眼鏡を購入して泳いでいますが便利で快適です。

・スポーツ店で購入した水泳用の水中メガネのガラスに度が入ったものを付けています。ずっと付けていると水中眼鏡のあとが付いてバカボンのパパに出てくる警官みたいになっています。(笑)

上記のようにコンタクトを付けたまま泳ぐとか、コンタクトと水中眼鏡を併用している人も多いです。

水中でのコンタクトの使用についての医師の意見は?

水中でのコンタクトの使用についての医師の意見を調べてみました。

ある医師は、コンタクトは目に非常に悪いので日常は使わないが、水泳の時のみ使い捨てのコンタクトを使っていると言っています。

また、別の意志はいつもはハードレンズを使用して、水泳やアウトドアの時だけ、一日で使い捨てるタイプを文字通り1~2時間で使い捨てると言っています。

このように、目の専門家の眼科医自身も水泳をするときにもコンタクトをつけていますから、水泳をするときにつけていても問題ないようです。

ちなみに、水泳とコンタクトの話とそれてしまい申し訳ないのですが、ハードコンタクトレンズの場合は素材がプラスチックで出来ていますから、素材の分子と分子の間から角膜に酸素が送られているので、眼の健康が守られるメリットがあります。

またレンズサイズも角膜よりも小さいために酸素を多く供給できるメリットや、栄養分を送る涙液交換の面でも優れています。

また、ハードレンズは目にゴミが入ったときもすぐに気がつきやすいので、結果として目に傷がついたり、病気にかかったときなどには、眼の安全を守る役目を果たしてくれます。

ハードレンズに比べて、ソフトレンズは素材自体が柔らかく、つけ心地が優しく、眼に傷がついたり病気にかかった場合には気がつくのが遅いので、重症化してしまうことも多く、その点が欠点です。

目のためにはハードレンズの方がはるかに優れているのでおすすめです。


スポンサーリンク

水泳のときにコンタクトを使うときの注意点

水泳の海やプールでのコンタクトレンズの使用はあまりおすすめできません。

理由は、本来コンタクトは涙を吸収して形を保持するようにつくられていますから吸水率が高く、海やあるいはプールの水に含まれている塩素や水中での不純物も目に引き寄せやすくなっています。

菌などが付いている水中で使用したコンタクトを付け続けることで、眼の炎症や病気を引き起こす可能性を高めてしまいますから、水泳の時に付けるコンタクトは使い捨てがおすすめです。

使用上の注意としては、商品に添付されている説明書をよく読んで、使用するときには多めにコンタクトを用意したり、違和感や痛みがあったらすぐにはずして、眼科に相談してください。

まとめ

水泳をするときのコンタクトは、あまりおすすめではないというものの、視力の弱い人にとっては欠かすことができませんし、また、コンタクトを付けて泳いでも問題はないようです。

また、ゴーグルと併用したり、度付の眼鏡などを上手に利用して自分に合った方法を見つけることで、視力が悪くても快適に水泳を楽しむことができます。

関連記事

スポンサーリンク

-スポーツ
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

水泳で泳ぐ距離を伸ばすちょっとしたコツは?

水泳を久々に始めてからある程度は泳げるようになったけどなかなか距離が伸びない、なんて悩みありませんか? 200m以上は泳ぎたいのに息が上がってしまってそれ以上はキツイ、なんてこと。 私も何年か前に水泳 …

水泳を独学で長距離泳ぐコツ!息継ぎの方法や足が沈んでしまう時にすることは?

水泳を独学で始めたけれどなかなか距離が伸びない時は辛いですよね? また息継ぎが苦しくなったり、足が沈んでしまってきたりしてなかなか思うように泳げない、なんてこともあるかと思います。 今回は独学で水泳を …

運動をした後にかゆくなる時の対処法や原因は?

マラソンなどの運動をするときに身体がかゆくなるのは辛いですよね。 スポンサーリンク 日頃の運動不足を補う為に走ろうと思うのに走り始めたとたんに背中や特に太ももが痒くて走れない時は特に嫌なものだと思いま …

水泳で怪我に繋がりやすい体の場所は?クロールや平泳ぎはどこに負担がかかる?

スポーツの中でも比較的怪我が少ない水泳ですが、 やはり体を動かすことで泳法特有の怪我等もあります。 体力をつけるため、体重を減らすために水泳を始めようと思ったけれど、 体のどこかしらを痛めている箇所が …

水泳をすればホントに痩せる?どの位の距離を泳げばいい?食事制限は必要?

社会人になって運動する時間もなく気づいたらブヨブヨのお腹が気になる。 太った体重を減らすために水泳をして痩せようと思い立った時に、 水泳で痩せることはできるのでしょうか。 水泳と聞くととてもキツイイメ …

カテゴリー

日本ブログ村

Copyright© fly-by , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!