一人暮らしの寂しさはどうしたらいいのだろう?ちょっとした寂しさの克服法とは?

気ままな暮らしが楽しめると、ワクワクして一人暮らしを始めたものの、いざ始めてみたら孤独で寂しくて、「こんなはずではなかった」と思ったりしていませんか?

今回は一人暮らしの人が陥る寂しさを克服する方法は、たくさんありますからご紹介します。

スポンサーリンク

様々ある一人暮らしで寂しいときの対処法

一人暮らしで寂しいときの対処法としては次のようなことが考えられます。

・料理を作る

・勉強や習い事

・音楽鑑賞

・本を読む

・メリットを考える

・インテリアにこだわる

・スポーツを始める

・ひとり旅にでる

・ペットを飼う

・オシャレをする

・徹底的に掃除する

・友達を呼ぶ

実にたくさんの対処法があり、やってみるとそれなりに気が紛れますからおすすめです。

しかし、それはあくまでも対処法であり、根本的な解決にはなりません。

まして、「やってみたいから始める」ではなく「寂しさを克服するため」に始めるのでは慣れて飽きが来るのも早いです。

頑張り過ぎてうつ病になってしまう人も多く、うつ病の人は一人暮らしに多いという統計結果も出ています。


スポンサーリンク

心の底にある将来に対する不安が寂しさにつながる?

問題は心の問題で、「将来に対する不安が⇒寂しさに繋がっている」と言います。

うつ病の人は一人暮らしの人が多いと言いますが、一人暮らしの寂しさがどこからきているのかわからないで、寂しさを克服しようとして頑張り過ぎると、うつ病になりかねません。

一人暮らしが寂しいと思う理由は次のようなものがあります。

・孤独感が強くなりがち

・このまま一生独身なんだろうかという不安

・自分が年老いて病気になった時の不安

・もし自分が病気で倒れた時の不安

・今日も誰とも話をしていない・社会に取り残されたような不安

また、上記の他にも条件付きでなければ自分を認められない人も、どうしても孤独感や不安感に陥りがちです。

そして、言えることは、寂しさというのは客観的な指標とか定義がなく、あくまでも主観的なものなのです。

自分の心の中の寂しさがどこからきているのか見極めないと、上記のような不安感で心が潰されてしまいかねません。

「心は巧(たくみ)なる絵師のごとし」という言葉がありますが、心に思い描いた不安が現実になってしまいます。

一人暮らしに多いうつ病!その予防法は?

一人暮らしによるうつ病の予防は、毎日の生活から変えることが出来ます。

まず、頑張り過ぎないでください。

しっかり毎日御飯の用意をなくてもいいし、掃除や洗濯も毎日しなくても困りません。

何もしないで好きな本をのんびり読んでみたり、DVDを借りて観るとか、環境が変わってから会えなくなった友達に連絡をしてみてもいいですね。

お互いの近況を報告し合ったり、何気ない会話に心が癒されたりします。
悩みや愚痴を聞いてもらったり、こまめにメールや電話をすることでと、一人の寂しさが軽減されますよね。

一人暮らしの人がうつ病になりやすい原因の一つに、一人でいることで色々ネガティブなことを考えがちで、その状態が長く続けばどうしてもうつに近い状態になってしまいがちです。

一番心配なのは劣等感が強い人です。

他人と比較しては落ち込んで、自分で自分の心を縛ってしまいます。

他人と比較する癖を意識してなくすことができれば、他人と批判する癖もなくなり、自分を責めて苦しむことも避けられます。

それができるようになれば、不安になることも、孤独を感じることも、自己否定することもなくなります。

まずは自分自身を見る目を変えて自信を持って、自分を大切にしてください。

自分に自信がもてれば、不思議と一人暮らしが寂しいという感情がなくなります。

簡単にはいかないかもしれませんが、一人暮らしが寂しいと感じた時は自問自答して寂しさの正体がわかれば「な~~んだ、こんなことだったのか。」と、気が楽になる事も多いです。

まとめ

一人暮らしが寂しくてうつになりかけるほど落ち込んだときの究極の解決法は、引越しをしてみることです。

今は、賃貸の契約の時期が来た時に更新をせずに別の賃貸に引越す若い人が多いとか。

人間は自分でも知らないうちに環境に左右される動物で、下記のような「主観的幸福度と住まいの関係」というサイトもあります。

また、【食生活と住環境は大事!暮らしを整えると、ストレスが激減】ということで、下記のようなサイトもありますから参考にしてみてください。

一人暮らしの寂しさを科学的にとらえてみると案外答えが出てきます。

試してみて、一人暮らしの寂しさというエアポケットから抜け出して、あなたなりの一人暮らしを楽しむ方法を見つけてください。

関連記事

スポンサーリンク