生活・雑学

1人暮らしの節約術!数円程度の節約でも長い目で見ればお得?!

投稿日:

 1人暮らしって実家暮らしと比べて家賃や水光熱費、食費に交際費など何かとお金がかかりますよね。

貯金したいなと思っても、意識して節約等をしていかなければ、なかなか難しいものです。

そこで、今回は日頃の生活でできるちょっとした節約術をご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

1人暮らしの節約術① 毎月の出費の把握と、次月の予算を決めよう!

 みなさんは毎月どこにどれくらいのお金を使っているか、把握されていますか?

これを知ることで自分の無駄遣いの傾向を知ることができます。でも家計簿を毎日つけるのは正直面倒ですよね。

今はレシートをスマホで写すだけでいい家計簿アプリもありますし、レシートをノートに貼るだけの家計簿もあります。

そして出費額を基に、次の月の予算を決めていき、その予算で生活をするよう意識すれば、必然的にお金を貯めることができます。

月の出費や、どれくらいの金額を節約したいかを、具体的な数字で決めることによって、目標になりますし、より節約への意識を高めることができます。

でも私もそうですが、どうしても自分に甘くて予算オーバーしてしまう方もいますよね。
そういった際には予算の金額だけを封筒に袋分けをして、その金額で生活をするようにしています。

そうすることによって、月に使えるお金が目に見えるので、「最近使いすぎているな」ですとか「今回自分、頑張れているな」と節約の成果を具体的に見ることができますのでオススメの方法です。

スポンサーリンク

1人暮らしの節約術② 食材の買い方

 大きな出費の1つである食費ですが、これについては、料理をよくされる方とそうでない方とで食材の買い方を変えることで、節約術が異なります。
 
<料理をよくされる方>
 料理をよくされる方は、特売日に大量に食材を購入し、作り置きを作るように心がけましょう。

最近1人暮らし世帯の方が増え、1人暮らし用に小分けになった野菜やお肉類が売られているのをよく目にしますが、実際は、家族用の小分けされていない野菜を買う方がお得だったりします。

また、使い手が使いやすいように、カットされているお肉や、きのこが売られていますが、それも、カットされていないものの方が安いことが多いです。

ですので、よく料理される方には、食材を大量に買って、作り置きをすることの方が、こまめに食材を買うよりも節約できたりします。また一気に料理をすることによって、水光熱の節約にもなりますし、作り置きをすることで、普段の自炊が少し楽になったりします。

<料理をあまりされない方>
 料理をよくされない方は、使う食材だけを購入するよう心がけましょう。

どうしても特売日に食材を買い溜めしてしまいがちですが、もし食材を腐らせてしまったり、消費しきれなかったりすると、その方が余計な出費になってしまいます。

ですので、こまめに買い物に行かなくてはならないというデメリットがありますが、確実に使い切れる食材の量を購入し、それを消費することが大切です。

ただ、前述もしましたが、カットされているきのこやお肉類は、カットされている分割高な場合が多いです。

どちらの食材が安いかを吟味して購入することで、数円ではありますが節約することができます。

使い切れなかった分は、冷凍保存などをしてまた次の機会に使うようにし、食品ロスを減らすように心がけましょう。

1人暮らしの節約術③ 家事は一気にすることで水光熱の節約に

 実は、家事を一気にすることで水光熱費の節約ができることをご存知でしょうか。

家電でいうと「電気を持続する力」よりも「電気を起こす力」の方が、お金がかかってしまうのです。

つまり、毎日アイロンを10分ずつ行うよりも、何日分かをまとめて一気に30分アイロンをかける方が電気代を安く済ませることができるのです。他の水道代、ガス代なども同じことが言えます。

 ですので、洗濯機を毎日回すのではなく、2.3日に1回にすることや、食器の洗い物を一日3回よりも1日分を一気に洗う方が節約できます。

ただ洗濯機でいうと、その洗濯機ごとに適正量が決められていると思います。一気に行うことに気をとられて、適正量を無視して洗濯機を回してしまうと、これもまた余計な電気代へと繋がってしまいますので、注意が必要です。

洗濯物や食器を溜めることを気にされない方は是非実践してみてはどうでしょうか。

まとめ

 今回3つの節約方法をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

どれも数円程度の節約にしかなりませんが、塵も積もれば山となりますので、コツコツと頑張っていきましょう。私も節約して浮いたお金で、少しリッチなランチや、旅行に行けることを目標に日々節約を頑張っています。

目標を立てることで、より節約に対して自分を高めることができるので、目標を立てることも節約への1歩となるのではないでしょうか。みなさんも自分に合った節約方法を見つけていけるよう頑張りましょう。

関連記事

スポンサーリンク

-生活・雑学
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

日本ブログ村

Copyright© fly-by , 2020 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!