一人暮らしならではのクリスマスの楽しみ方はどんなのがある?

皆さんは一人暮らしでクリスマスを寂しく過ごした経験はありませんか?
一人暮らしだってクリスマスは楽しく過ごせちゃうんです!
今回は一人暮らしのクリスマスを楽しく過ごす方法をご紹介します。

スポンサーリンク

まずはクリスマスツリーを用意しましょう!

クリスマスといったらやっぱりこれ。
クリスマスツリーがなければ雰囲気が出ませんね!

クリスマスツリーは時期限定なのもあり、特に意識しなければ、お店でじっくり見るということもありませんね。
実はクリスマスツリーは小さいものであれば1000円程度で買えてしまう、とてもお手頃なものなんです!

大きさは90cm,120cmが狙い目。
季節ものなので、しまっておく時期の方が長く、大きすぎても一人暮らしにとってはスペースを取ってしまいます。
使わないときはたためばタテヨコ約10cmの縦長の箱に収まるので、しまっておいてもそんなにスペースはとりません。

お店にもよりますが、このサイズだと1000円前後で購入することができます。
私もイオンで980円で購入することができました!

また、安いものだとツリーの飾り付けが少ない場合が多いですが、こちらは100均で調達できます。
自分好みのものをチョイスして、安価で自由にアレンジできます。
また、毎年、ちょっとずつ買い足して、だんだん豪華にしていくのも楽しみのひとつですね(^^)

ぜひ、皆さんもオリジナルのクリスマスツリーを作ってみてくださいね!


スポンサーリンク

ケーキを用意する

市販のケーキを買ってくるのもいいですが、せっかくのクリスマスなので、手作りケーキを用意しましょう!
初めての方はもちろん、誰でも作れるちょー簡単レシピを1つご紹介。

『まるで白い山のモンブラン』
モンブランの語源はフランス語で白い山の意味から来ています。それが日本でアレンジされ、現在のような形となりました。ぜひ、モンブラン本来の形をお試しあれ。

用意するもの
スポンジケーキ(5号か6号)1つ
栗の甘露煮 1瓶
ホイップクリーム (生クリームでも可)200cc
グラニュー糖 16g
※最近のホイップクリームは泡立て済みのものも売っているので、泡立てるのが大変という方はそちらを使ってもいいと思います。

小さめのボウルか丼

作り方
①スポンジケーキを上下半分になるよう横に切ります。(ものによっては2つに切れた状態で売っているものもあります)
②ホイップクリームを泡立てる。途中2〜3回に分けてグラニュー糖を加える。きちんと角が立つくらいの8分だてにする。
③スポンジケーキを1枚、ボウルの底に敷く。(ボウルはスポンジケーキがボウルのふちまで届く大きさがよい)
④ ③に②とお好みで食べやすい大きさに切った栗の甘露煮を入れる。
⑤もう1枚のスポンジケーキで④に蓋をする。ボウルからはみ出す部分は切り取り甘露煮と一緒に中に入れても良い。
⑥1時間ほど冷蔵庫の中で休ませる。
⑦ひっくり返して皿にあけ、表面に余ったホイップクリームをまんべんなくぬる。

出来上がりは白くて丸い山が出来上がります(^^)
お菓子づくりは難しそうに思いがちですが、こんなにも簡単にケーキが作れてしまうんです!
私が作った時は大好評で、食べていただいた皆さんに喜んでいただけました。

簡単かつ美味しいので、ぜひお試しください。
また、栗の代わりに苺やバナナなどのお好みの季節のフルーツで作るなど、アレンジしてみても美味しいと思いますよ(^^)

まとめ

以上、クリスマスツリーとクリスマスケーキを紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

思いのほか安価で手軽にツリーとケーキって用意できるんですよ(^^)
さらにはローストチキンやミネストローネなどのスープも用意すれば立派なクリスマスディナーになりますね。
クリスマスにしか食べないような料理もたくさんありますので、特別な夜になるよう色々なものを用意したいですね!

頑張って料理を用意したら、せっかくなので、友達も呼んで、ホームパーティーをするのもいいですね!
そこにシャンパンもあったら最高ですね(^^)

ぜひみなさんもツリーとケーキを用意して、クリスマスの夜を楽しんでみてください。

ではでは(^^)

関連記事

スポンサーリンク