ダンボールに服を入れて虫がわかないようにするには?クローゼットに入れておいて虫が付きやすい素材や、防虫剤の使用はどうすればいいのか

洋服をダンボールに入れて保管しておいて、
開けてみたらまさか虫が発生してた、
なんてことは耐えられませんよね。

ダンボールに洋服を入れて保管の際、
いやーな虫を発生させないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

今回は服をダンボールに入れて虫を発生させないようにするにはどうしたらいいかということについてお伝えします。

スポンサーリンク

ダンボールに服を入れて虫がわかないようにするには

シーズンオフの服ってダンボールに入れて保管したりしますよね。

丁度いい大きさで入れやすいから、
とダンボールに入れて保管してしまいますが、
実はダンボールに服を入れておくのは虫が発生するかもしれない、という理由でオススメできません。

ダンボールに入れて保管だと、
ダンボールは外の湿気を吸収しやすいため、虫やカビが好む環境になりやすいということがあげられます。

ダンボールは湿気を吸収しやすいから、と除湿剤を段ボールに入れる、というのをお考えかもしれませんが、
除湿剤をダンボールに入れても除湿剤が湿気をダンボール自体に吸い寄せてしまいますのでオススメはできません。

ではどーすればいいんだ?って話ですよね?

まず保管の際は段ボールではなく湿気を吸収しにくいプラスチックケースを利用し、
その上で除湿剤を使うと効果的。

保管が長期間になるのであれば?

衣類の保管が長期間に及ぶときってありますよね?

そんなときは段ボールは湿気を吸いやすいからオススメできませんが、
段ボール以外での長期保管はどうか?というと長期間何もせずに保管をする、というのは容器が何であれ、容器の中に入れたモノの状態は悪くなります。

ではいい状態で保管をするなら?というと定期的に容器から中身を出して十分に乾燥させて虫干しをしてやる必要があります。

容器と中身を定期的に乾燥させる虫干しをやるのであれば、
段ボールでも十分長期間の保管はできるということです。

長期間の保管ならできれば、
防虫剤も併せて使用するといいでしょう。

クローゼットに入れたダンボールの中の服は虫がどれだけつくもの?

段ボールに入れた洋服をクローゼットに保管したとして、
虫はどれだけつきやすいものなんでしょうか?

これは洋服の種類にもよって変わりまして、
天然素材のウールや、
動物素材のものは特に虫が好む素材と言えるでしょう。

他に化繊素材のものはどうか?
というと人が着て汚れが残っていたりすることってあると、
汚れのなかに含まれる有機質に虫が寄ってくるということは考えられます。

保管の際にもクローゼットの中は定期的に乾燥させたり、
防虫のために防虫スプレーの使用も併せて行うといいですよ。

また防虫剤を使用する際にも防虫剤は下の方へと行きますので、
防虫剤は上の方に設置をしましょう。


スポンサーリンク

ダンボールにモノを収納する際防虫剤は使うのがいい?

衣類を段ボールに入れて保管の時、
防虫剤の使用はどうしたらいいのか?

保管が段ボールのように湿気が高くなる時や、
段ボールでも定期的に段ボールから出したりしないとき、
プラスチックケースでも長期間の保管などには防虫剤を使用した方がいいと言えるでしょう。

段ボールに入れた洋服を定期的に出す、
というのは簡単そうで実際はかなり面倒だったりしませんか?

なのでそうそう出し入れしない、というのであれば防虫剤も使用し、
防虫剤でも半年に一度で大丈夫というものもあります。

ホームセンターなどに行けば半年に一度の交換でオーケーなものもありますので使用をオススメします。

他にも湿気は大敵ともいえるので、
湿気やすいのであれば除湿剤を使用したり、
クローゼットの中でもできるだけ隙間があるといいかと思います。

他にも天気がいい晴れた日には、
雨の日よりは湿度が低くなりますなで、

・クローゼット
・ケース

段ボールを開けて外の空気を入れてあげるといいかと思います。

まとめ

今回は、段ボールに服を収納した時に虫が付かないようにしたりするには?ということでお伝えしました。

気付かないうちに虫に食われてた、
なんてことは嫌ですよね。

折角買った服は大事に着たいもの。
多少の手間はかかりますが、
少しのメンテをしておくだけでも大事な服を守れます。

ぜひご自身の服を大事にして頂ければと思います。

関連記事

スポンサーリンク