お出かけ

お盆に子連れで新幹線で帰省の時は指定席がいい?車内で上手に過ごすコツや乗車したらすることは?

投稿日:2018-06-11 更新日:

子供を連れて新幹線で帰省となるとまだ小さい子供を連れてるから周りへの迷惑をかけないか心配になりますよね?
お盆ともなると新幹線の混雑も半端でないですし、その中で子供を連れているときには周りへの迷惑をできるだけかけたくないものですよね?

今回はお盆の時期に子供を連れて帰省するとなる時に、新幹線は多少お金かかかるけれど指定席の方がいいのか?
また子連れでも新幹線で上手に過ごすコツや新幹線に乗車したらしておくことについてお伝えします。

スポンサーリンク

お盆に子連れで新幹線で帰省の時は指定席のがいいもの?

新幹線は指定席と自由席では当然値段が違います。
自由席は繁忙期以外であれば子供(1歳から6歳未満の未就学児)であれば自由席に子供だけで座らせても料金はかかりません。

ただお盆のような繁忙期ともなると例え自由席でも子供を自由席1席確保して座らせておくという状況は正直しにくいものです。
というのは繁忙期のような混雑した時期だとJR側も一人でも多くの方に座って頂きたいという考えでお盆のような時期には子供の分だけで自由席の確保は遠慮するように車掌から言われます。

また繁忙期には自由席を狙う(指定席を取れなかった人や料金を節約しようとする人で溢れかえります)のは正直オススメしません。

確かに値段の節約には繋がるかもしれません。
ただ節約をする代わりに確実に座る為に1時間も前から並ぶ時間のロスがありますし、
ましてや子供を連れて1時間も並ぶのは正直キツイと思いますよ。

子供が1時間も大人しくしてられるかというのは子供の性格にもよりますが。
自由席車両でもお盆のような繁忙期には大人の膝の上に子供を座らせるように車掌からも言われますし、実際に2時間位ずっと膝の上はきついものだと思います。

また自由席は繁忙期には通路、デッキまで混雑をしていて子供がぐずった時やちょっとトイレ、というのも気軽に行けないものですし、
デメリットの方が遥かに大きいもの。

車内販売で何か購入となってもあまりの混雑の為に自由席車両には車内販売も回ってこないことも十分あり得ますのでお弁当が、となっても車内で購入は難しくなります。

お弁当を始発駅の東京駅等で購入となってもお盆のような繁忙期にはホームも非常に混雑をしており、
ホーム上で何か買うというのは子供がいるとかなり大変。

ですので何かを購入するのはホームに行くまえに事前に購入しておくことをオススメします。

これだけ自由席と指定席の状況は違ってきますからちょっとの料金を節約を、と考えない方が遥かに楽に移動できるものですよ。

指定席切符はいつから購入できる?

乗車の1カ月前の同日10時から購入できます。
例えば8/15に乗車だとその1カ月前の同日だと7/15の10時から発売。

もし乗車が5/31だとしたら先月の同日というと4/31はありませんよね?
その場合は同月の1日の朝10時から、つまり5/1の10時から発売と言う事になります。

ご予定が分かり次第スグに指定席を押えておきましょう。

指定席の座席配置はどういう配置で取ればいい?

家族連れで人数が偶数だと特に問題はありませんが、
人数が3人だとどうやって?と考えますが、
横に二人、そして前の座席に一人を座らせて座席を転換。

これは後から乗る一人のことを考えるとオススメできませんので、
3名並びの席がある新幹線であれば3名並びで取ることや、
2名掛け+2名掛けの新幹線であれば2名並びで通路を挟んで反対側の方が他の方への事を考えるといいのではないでしょうか。

子連れで新幹線に上手に過ごすコツ


子連れで新幹線に乗るとやはり気を使いますよね?
子供専用車両に乗車してしまえばそれほど気を使いませんが、
それ以外の車両の乗った場合はやはり気を使うもの。

新幹線の予約をする時のちょっとしたコツとは?
子供専用車両を取れなかった場合には
・指定席を予約する段階でできれば車掌室の近くを確保すること
・なるべく喫煙ルームの近くからは離れるように席を取って貰う

新幹線に乗車したらちょっとしたことですが、乗車したら車掌長というのがいますので挨拶をしておきます。
ちょっとの挨拶だけですが例えば子供がぐずって泣きやまない、なんてことは十分考えられますよね?

そんな時に新幹線には多目的室というのがあり、
多目的室というのは基本的には身体の不自由な方が優先的に使用できるものですが、事前にちょっとの挨拶をしておくと後々何かと便利なものですので事前にちょっとした挨拶を欠かさずにするといいでしょう。

また乗車した際にも子供専用車両等ではない場合にも周囲の方へ「子供がご迷惑をおかけするかもしれません」と一言断っておくだけでも印象は違ってくるものです。


スポンサーリンク

お盆に子連れで帰省する時に新幹線に乗車したらすることは?

子供を連れて新幹線に乗車。
いくら周りへ気遣いをしても子供が騒ぐ時はあるかと思います。

そんな時には1)子供が興味を持ちそうなおもちゃを用意(音の出ないもの)しておいて興味を引き付ける。
子供が電車が好きならシールブック等があるとかなり時間を稼げますよ。

張ってはがしてできるタイプだと窓に張ったりと好き放題出来ますし(もちろん後で剥がしましょうね)

それでも子供の機嫌が良くない時もあるかと思いますが、
2)そんな時には子供が好きそうなお菓子で釣ることになります。

あまりあげすぎはよくありませんが、いよいよ子供が騒ぎそうと言う時はお菓子や食べ物の登場ではないでしょうか。
また新幹線には車内販売のワゴンが回ってきますが、ワゴン販売で売られているアイスってありますよね?

あのアイス食べたことがある方なら分かるかと思いますが、ひじょーに固いアイスなんですよ。
大人でも食べるまでに固い状態から溶けるまで時間がかかりますし、
ましてや子供だと溶けるまでにもっと時間がかかりますのでアイスを与えると言うのもありかと思いますよ。
実際アイスでかなり時間を稼げます。

もっといいのは3)新幹線に乗る前に子供をたーっぷりと遊ばせる等して疲れさせておくことです。
タイミングはなかなか難しいかもしれませんが、新幹線に乗った時に疲れて寝てしまった、なんて状況が一番ベストでしょう。

後は乗車した際に子供が好きな方(特にお年寄りの女性がいて味方になってくれる)がいるととより楽に移動できますね。

まとめ

今回はお盆の時期に子供を連れて帰省ということでお伝えしましたが、
混雑の上の子供。

考えただけでも大変。
事前に子供を疲れさせることや緊急時ようにおもちゃ等を用意することの他にも、
移動は指定席で移動をすることでも自由席での移動と比べると遥かに楽です。

値段の差は多少ありますが、
ご自身の負担を考えればどちらがいいかは一目瞭然だと思いますよ。

どうぞお気をつけてお出かけくださいね。

関連記事

スポンサーリンク

-お出かけ
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

日本ブログ村

Copyright© fly-by , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!