長岡花火の無料観覧席の場所取りは何時からスタンバイ?オススメの場所は?

3尺玉花火やフェニックス等見どころが多い長岡花火。
いい席は有料席として販売をされてますが有料席がとれなく無料観覧席で花火を見るとなった時には果たして見られるのだろうか?
と心配になりますよね?

今回は長岡花火無料観覧席の場所取りをするには何時からスタンバイをすればいいのか、
また場所取りをした後に知っておくといいことや、
オススメの無料観覧席についてお伝えします。

スポンサーリンク

長岡花火の無料観覧席の場所取りは何時からスタンバイすればいい?

花火大会だとどこでもそうですが場所取りの時間が一番気になりますよね?
長岡花火も無料観覧席がありますが事前に場所取りをという訳にはいかずに無料観覧席でもゲートがあり時間にならないと開かないのです。

無料観覧席のゲートの開放時間は12時(お昼の)に解放をされますが、
待つ人の数があまりに多いと30分位前倒しで開くこともありますので直前に行ってスタンバイ、なんてのはギリギリではないでしょうか。

無料観覧席だと早い人は大体何分前から待つと思います?
土日の開催で気の早い人だと朝から待つこともあるんです。

朝の6時の時点でもゲートには数人並んでいる事もありますが、
地元でなければ厳しいものですよね?

それに朝の6時からお昼まで待つとなると二人で行った場合(連れが彼女だとしたら)二人で待ち続けるのは正直嫌ですよね?
朝から暑い、後はひたすら待つ。

土日開催以外の平日開催の場合でしたら開場前には10-20人位がゲートの前でスタンバイをしている事が多いものですので、
お二人位で行くのであれば11:30頃でも問題はないでしょう。

無料観覧席に座るのに5人以上の大人数で花火を見るとなると流石にゲートの開く12時過ぎだといい場所の確保は難しくなりますが、
二人位であればお昼を過ぎても何とか空いたスペースに座ることはできるもの。

花火に行く人数が大人数でいい場所を確保したいのであればお昼より前から待つ方がいいでしょうが、
お二人だけならお昼を過ぎて13時まででしたら何とか空いている場所には座れます。

ただお二人でもよりいい席を確保したいのであればゲートのオープン前の午前中の到着をオススメします。

また無料観覧席は15時を過ぎてくるとほぼ埋まりますので15時までには必ず観覧席には居るようにして下さいね。

場所取りができたら
無事場所が確保できたらシートを敷いておいて一旦その場所を離れることができますが、
何故か戻って来た時にはシートの範囲が狭まる、なんてことがあるんですよね。

まぁこれは近くの方々のスペースが次第に広がってきたというだけのことですが。

無事場所取りが完了して無料観覧席を一旦離れてから再び戻る時には17時よりも前には必ず戻るようにして下さいね。
というは17時を過ぎると混雑防止の為み入場規制がかかるのです。

有料席であれば席を取っている証明できるものがありますが、
無料席の場合はそれがないので入場規制がかかると折角席を取ったのに締め出された、なんてことになったらキツイですよね。

ですので必ず17時前には戻るようにして下さいね。

無料観覧席で席を確保して待つ場合の対策

無料観覧席でいい場所が取れた。
それはいいことですが当日にカンカン照りの天気だとするととてもではないですが暑くて待つどころではないかもしれません。

ですので紫外線対策として日焼け止めや水分補給はシッカリしておきましょう。
また男性とはいえ日傘でも用意しておくだけでも待つ間の暑さが全然違いますのであるといいでしょう。

無料観覧席で場所を確保して近くにスーパーはある?

無料観覧席を無事確保した。
でも炎天下でひたすら待つのやまた花火を見る時の食糧をどこで調達したらいいのだろうか。

右岸で花火を観るのであれば大手大橋の近くにウオロクというスーパーがありますのでウオロクで必要なものを調達するといいでしょう。

また左岸であれば少し歩きますがイオン長岡店がありますのでコチラで購入してもいいかと思います。

無料観覧席で当日に新幹線で行く場合

無料観覧席は長岡駅側の右岸と呼ばれる場所の大手大橋の下流と長生橋の上流の2箇所、
長岡駅とは橋を渡った対岸にある左岸の大手大橋の下流と長生橋の上流、大手大橋と長生橋の間の3箇所に分かれます。

左岸の方が数が多くていいのでは?と思われますでしょうが、
左岸会場から長岡駅まで歩いて(バス、タクシーはとてもではないですが拾えませんし時間が歩くのと変わりません)行くとしても途中の橋の大手大橋と長生橋が花火の不発弾処理の為に通行止め規制がかかるのです。

この通行止め規制解除の後に橋から駅まで向かっても東京行きの新幹線にはほぼ間に合いません。
新潟市内や長岡市内に宿を取っているのであれば問題ありませんが、当日に東京まで帰るのであれば左岸会場からの観覧は危険です。

車なら時間はかかりますが、新幹線で東京までであれば右岸会場の無料席にしておきましょう。

〉〉長岡花火帰りの新幹線に乗るには会場から駅まで何分?長岡駅や新幹線の混雑を事前に確認するだけでも違います!

スポンサーリンク

長岡花火無料観覧席でオススメの場所は?


長岡駅を出て大手口から正面の大通の大手通をまーっ直ぐ行きますと大手大橋という橋にでます。
この右の下流側が無料観覧席の一つがありますが、ここの大手大橋の下流の無料観覧席からはフェニックス花火を見るにはこの辺りでも打ち上がりますのでキレイに見えますが土手の高い位置の方がよりキレイですので土手の高い位置を確保するようにして下さいね。

また長岡駅を出て大手口から大手通を進み、表町交差点を左に行くと長生橋に出ますので長生橋の左側が右岸上流側の観覧席。
こちらも比較的空いていて激しい人混みが苦手、なら最初から狙うのもいいかもしれません。

そしてよりいい無料観覧席は、もしも車で来ているのであれば左岸の大手大橋と長生橋の間にある無料観覧席は対岸から上がる花火がとてもキレイに見える場所ですし、3尺玉花火をよりキレイに見るのであれば南側の上流側がオススメ。

左岸の無料観覧席でも大手大橋と長生橋の間の無料観覧席にある警備本部周辺が丁度真ん中に位置している為に何気に穴場的な場所でもあるかもしれません。

※事前に有料席の確保ということであればコチラの記事
長岡花火有料席のオススメはどこ?見たい花火はどこから見える?(各席ごとにどう見えるか紹介します)も参考にしてみてくださいね。

また左岸会場で見ることをお考えなら事前に宿を確保する必要があります。
こちらの記事長岡花火で宿泊をするならどこに泊まればいいの?宿へ行く交通手段は何がいい?ではどの辺りに宿を確保したらいいかお伝えしてますので参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回は長岡花火の無料観覧席を確保するには何時から?ということでお伝えしましたが、
席を押えるのも大事ですが、花火開始までの待ち時間の暑さ対策などもかなり大事なこと。

暑さ対策をシッカリとして夜のキレイな長岡花火に備えて下さいね。

関連記事

スポンサーリンク