お出かけ

のぞみ号に京都から自由席に座れる?子供料金は何歳から必要?新幹線で安く行くにはどうする?

投稿日:2018-06-05 更新日:

京都からのぞみ号に家族を連れて乗車。
一人だけなら特に問題はないですがまだまだ小さい子がいてお金もかかる時期。

そうなると新幹線も指定席ではなく自由席のがいいのでは?と考えますよね?
でも京都は始発の新幹線のない駅。

京都から新幹線の自由席に家族がまとまって座れるのでしょうか。
また子供を連れている時に気になるのは子供料金は何歳からかかるのだろうか。

今回は京都からのぞみ号の自由席に座れるのか?
また子供料金は何歳から必要か?
ある条件では子供でも必ず料金が必要になる、ということの他に自由席以外でも安く行くには?ということでお伝えします。

スポンサーリンク

のぞみ号に京都から自由席に座れるもの?

京都駅の始発の新幹線ってないので実際に京都から座れるか一番気になりますよね?
当然ですが、GW、お盆、年末年始は例え新大阪始発東京行きでも厳しいものと思って下さい。

繁忙期以外で混雑をしている時ってあるのでしょうか。
京都からののぞみ号が混雑する時間帯ですが、
平日朝の東京方面行きは東京への出張客や通勤で使用するビジネスマンでかなり混み合ってるもの。

正直平日の朝の東京方面行きは余り周りからはいい目で見られないのが正直な所。
ビジネスマンは殆どが一人、多くても二人で乗車している事が多く窓側や2名掛けの座席も大概埋まっている事が多いものです。

他に混む時間帯は金曜の夜の上りも出張帰りの乗客で混み合ってます。

平日朝の上りと金曜の上りに乗車をすると大体の感覚ですが、
8割の座席は埋まっている事が多いです。

空いている席も一人、良くて二人並んで(当然窓側は厳しい)座れたら運がいいというものです。
のぞみ号は自由席車両が16両中の3両しかない、というのはより自由席の混雑に拍車をかけるようなもの。

以上の混雑時間帯以外の普通の日曜や平日の昼間は朝の上りよりは空きますが、
正直期待はしない方がいいです。

大概窓側以外は空いてますが(窓側はやはり人気がある為、空いている事は少ないです)、空いている時でも3名掛け座席の真ん中や通路側というような配置では空いているものです。
ですのでお一人ならまぁ何とか、という所ですが3名4名と家族の場合は多少はバラけることにもなります。

のぞみ号自由席の子供料金は何歳から必要?また子供でも必ず必要になる時は?

Hiroshima, Japan – May 6, 2016: JR 500 west Japan at Hiroshima station.

のぞみ号に限らず新幹線の子供料金が必要なのは子供の分として1席子供の為に座席を確保した場合には子供の年齢が何歳であろうと子供料金(大人の半額)が必要になります。

子供料金が無料になる時は?
・自由席利用で大人または子供(小学生で6歳から12歳)一人に対して二人の幼児(1歳から6歳未満)または乳児(0歳)を連れている場合に、二人分の幼児又は乳児の料金が無料になるというもの。
※自由席利用でも大人または子供一人で、3人の幼児または乳児を連れている場合には3人目からは幼児または乳児でも子供料金が必要になります。
・指定席利用でも子供(小学生で6歳から12歳)は料金がかかりますが、
指定席でも【大人または子供(小学生で6歳から12歳)一人に対して二人の幼児(1歳から6歳未満)または乳児(0歳)を連れている場合、二人分の幼児又は乳児の料金が無料】の条件で利用できますが、ただ指定席の場合は席に座らせなければ、無料になるということ。
どういう事かというと指定席で大人または子供(小学生で6歳から12歳)の膝の上に座らせる場合には、という事です。
席を指定席で確保して大人が2時間位の我慢なんてへっちゃらというのであればこの手もありでしょう。

自由席の利用でも幼児の料金が徴収される時がある?

これは実際にあった話ですが、JR東日本の新幹線の場合、
自由席利用であれば大人または子供(6歳から12歳の小学生)一人に対し二人の幼児(1歳から6歳未満)は無料で利用できると言われました。

その後にJR東日本の新幹線からJR東海の新幹線に乗り換えた時には自由席利用であっても幼児の座席利用の際には子供料金が必要だ、という事を言われることがあるんです。

何故かその先のJR西日本の駅から新幹線に乗る時は、大人または子供(6歳から12歳の小学生)一人に対し二人の幼児(1歳から6歳未満)は無料で利用できると言われ、
幼児の乗車券は自由席であれば必要ありません、と言われる不思議さ。

本来は自由席であっても幼児は無料です。
ただこれはJR(旧国鉄)の時の名残なんじゃいのかな、と思うんです。

旧国鉄の時は特急といえば全車指定が原則でしたので、
後からできた自由席はおまけみないなもの。

これをふまえると幼児であっても一人で指定席を確保すると料金がかかりますが、他の有料で座席を購入している方の手前お願いをしているという形ではないでしょうか。

自由席でも本来は幼児料金は不要ですが、自由席でも繁忙期や混雑をしている時は大人は料金を支払って乗ってる際に、
子供連れの親と子供がそれぞれ座席を確保していると立っている方としては納得がいかない、なんてこともあるようです。

これはマナー的なことでもあるんですが、繁忙期や混雑時は確かに幼児以下は無料で自由席に座れましうが、
有料で乗車している大人にも席が行きわたるよう公平になるようにということで車内で声をかけてるのではないでしょうか。

このようなことへの対策は単純に大人の上の座らせる事です。

スポンサーリンク

京都から新幹線で安く行くにはどうすればいい?

京都から新幹線で品川まで行く場合
・大人の利用でぞみ号の利用ならば?
自由席の場合→運賃が8,210円+自由席が4,870円で合計13,080円

指定席の場合→運賃が8,210円+5,700円で合計13,910円

・大人の利用でひかり号またはこだま号の利用ならば?
自由席の場合→運賃が8,210円+自由席が4,870円で合計13,080円

指定席の場合→運賃が8,210円+指定席が5,390円で合計13,600円

※指定席は通常期の価格です。繁忙期は+200円、閑散期は-200円です。

多少ひかり号やこだま号が安いとはいえ僅かですよね?

種類 運賃 特急料金 合計
のぞみ指定席 8,210円 5,700円 13,910円
ひかり・こだま指定席 8,210円 5,390円 13,600円
自由席 8,210円 4,870円 13,080円

・もう少し安くあげたいというのであれば、JR東海ツアーズから発売されているこだま号限定のぷらっとこだまなんてものもあります。
ぷらっとこだまであれば、
品川までですと通常期の大人が10,300円、子供が7,000円

そしてぷらっとこだまは繁忙期でも利用でき繁忙期であれば大人11,600円、子供7.000円でこだま号の指定席が利用できるというもの。

ぷらっとこだまであれば繁忙期でも時間はかかりますがこだま号の指定席で座席を確保できるので席が空いているか心配する必要もなく安心です。

種類 大人(通常期) 子供(通常期)
ぷらっとこだま 10,300円 7,000円
  大人(繁忙期) 子供(繁忙期)
  11,600円 7,000円

・その他にも繁忙期には使えませんが、
エクスプレス予約のEXのぞみファミリー早特もいいかと思います。
EXのぞみファミリー早特であれば品川まで大人11,800円、子供5,890円でのぞみ号の指定席を利用できるので繁忙期以外であれば早く安く行けるのでいいのではないでしょうか。

種類 大人 子供
EXのぞみファミリー早特 11,800円 5,890円

・この他にはもしもホテルと一緒に予約を、というのであれば日本旅行から発売されているJRセットプラン、なんてものもあります。
こちらはホテルとJRが一緒になっていて都内のホテルで場所は限定されてしまいますが、
新幹線の往復とホテルが入って20,000円台からとかなりお得なものもありますので宿も一緒にというのであれば検討してみてもいいかと思いますよ。

まとめ

今回は京都からのぞみ号の自由席という事でお伝えしました。
ホントは京都始発があれば一番いいのですが、自由席ではなく指定席でも旅行会社とのパックですとかJR東海からのエクスプレス会員登録をして申し込みをすると指定席でも安くなるものです。

自由席は座るのはどの席でも自由で値段は一見安いように見えますが、
実は指定席でもホテルとのパックやら事前に会員登録をすることで安くなるものです。

自由席で座れるか分からない中で待つよりも確実に座れて、
かつ指定席でも安くなるのであればパックを利用するのもありではないでしょうか。

関連記事

スポンサーリンク

-お出かけ
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

日本ブログ村

Copyright© fly-by , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!