お出かけ

新大阪からひかり号自由席に座るには何分前にホームへ?混雑はどの位?のぞみ号の自由席と値段の差はある?

投稿日:

新大阪から新幹線に乗る時に指定席は値段が自由席よりも高いから自由席で安く抑えて行きたい。
でもこだま号のように各駅停車だと時間がかかるからのぞみ号に、としたいところだけれどのぞみ号は混雑してるだろうからひかり号の自由席で移動をと考える時、ひかり号の混雑状況はどの位なのでしょうか。

また新大阪からひかり号の自由席に座るとしたら何分前にホームで待てばいいのでしょうか。

他にも必ずしもひかり号に拘る必要があるのか、ないのかについてお伝えします。

スポンサーリンク

新大阪からひかり号の自由席に座るには何分前にホームに居ればいい?


新大阪は下車する人も多いけれど乗る人も多いとても混雑をする駅。
新大阪からのひかり号に乗車となってもちょっと最初にお伝えしておきますが、ひかり号は新大阪始発の列車と新大阪から先の岡山始発のひかり号に分かれます。

ですので新大阪で既に先客が乗っているひかり号は避けたいものですよね?

平日、休日共通ですが、ひかり号は朝6時台から夜の20時台まで運転されており、
毎時2本の運行。

・朝6時台、7時台と夜20時台のひかり号は1時間に2本ありますが、
朝6時台、7時台と夜20時台のひかり号新大阪始発。

・朝8時から夜の19時までは毎時2本運転されてますが、
毎時16分に発車するひかり号の500番代の列車は全て新大阪始発。
毎時43分に発車するひかり号の400番代の列車は岡山か広島始発。

これを覚えておいて下さい。
岡山始発や広島始発ですと新大阪まで各駅に停車するタイプの列車ですので既に先客がいる可能性が高いとお考えください。
なので新大阪で待つにしても朝8時台から夜19時台でも毎時43分発車のひかり号を例え30分前から並んでいても二人以上だと場合によっては並んで座れない可能性もあり得ます。

その場合には京都や名古屋でも人の入れ替わりがありますからそこで空席を狙うのも手でしょう。
または比較的昼間は空いている事がありますので昼間の利用にするか。

ですが一番いいのは朝6時台、7時台のひかり号か朝8時台から19時台のひかり号に乗車するのであれば毎時16分発のひかり号を狙うようにスケジュールを組んでみませんか?

朝8時から夜19時までの毎時16分発のひかり号は新大阪始発ですのでこのひかり号を狙うと楽に自由席に座れるでしょう。
また自由席を狙う際もひかり号の自由席は1号車から5号車(博多方面側)の5両。

最後尾の1号車はホーム中央の階段からかなり歩く為に端まで歩こうという方がかなり減るんです。
なのでひかり号で新大阪始発を狙うのであれば毎時16分発のひかり号の1号車を狙うと乗車チャンスは増えますよ。

ただ繁忙期のGW・お盆・年末年始は当然混み合いますし、
平日の朝・夕も混雑をしがち。

ですので混雑しがちな時に乗車をするのであれば30分から40分前にはスタンバイ。
それ以外の繁忙期以外でしたら発車15分前にホームで待てば大丈夫です。

ホームに並んでいる時に先頭から数えて15人以内に入っていれば座れますのでそれを一つの目安にしてみてくださいね。

新大阪からひかり号の混雑はどの位?

新大阪からのひかり号の混雑は当然GW・お盆・年末年始や連休が続く時は混雑をしますよね?
他にも平日の朝と夕方に混雑をする傾向にあります。

というのは平日はビジネス需要がある為に東京への出張、
大阪で仕事を終えてと東京へ帰る方が利用するために混雑をするという訳です。

またひかり号も先ほどお伝えしましたが、
新大阪より先から走ってくるひかり号は既に岡山、新神戸で乗車している方が居るので新大阪の時点で先客がいるということ。

他にも新大阪始発のひかり号は新大阪始発ではありますが、
名古屋まで各駅に停車する為に京都、米原辺りでの乗車が意外とあるので混雑をしてくるというもの。

新大阪の時点で混雑をしている列車は当然新大阪より先から運転してきた列車(岡山・広島始発)
この新大阪からは京都、名古屋と停車しますので米原あたりからの混雑はありませんが、

新大阪始発ですと名古屋まで各駅の為、
途中駅からの混雑をしてくる可能性が高いです。

ただ絶対に座ってとなると新大阪始発のひかり号をオススメします。


スポンサーリンク

のぞみ号とひかり号の自由席の値段は別?一緒?

新大阪始発のひかり号は毎時1本というのは正直少ないな、と感じますよね?
ならばのぞみ号の自由席でもいいじゃないか、となりますがのぞみ号の自由席はひかり号の自由席と値段が違うのでしょうか。

実はのぞみ号とひかり号の自由席の値段は一緒です。
ですので新大阪で必ずしもひかり号の自由席一択という事に拘らんなくても大丈夫。

新大阪始発ののぞみ号を狙えばいいのです。
のぞみ号でも新大阪始発の列車でも列車番号が200番代、300番代、400番代ののぞみ号が新大阪始発。

それ以外ののぞみ40号だとかのぞみ122号のように100番代や二桁ののぞみ号はひかり号よりも更に遠く博多から来る列車もありますので必ず
200番代、300番代、400番代ののぞみ号に乗るようにして下さい。

朝の6時、7時のビジネスマンが集中する時間帯は新大阪始発ののぞみ号の本数が多いのですが(混みあう為)、
平日でも朝の忙しい時間帯が終わりますと時間帯によっては1時間に1本から3本という時間帯もありますがひかり号と合わせれば最低でも毎時2本はありますので乗車機会を増やすにはいいかと思いますよ。

そしてのぞみ号も博多方向の1号車から3号車が自由席ですが、
ひかり号よりも自由席の車両数が2両少ない為駅で待つ際にはひかり号よりも早め早めにホームで待つようにして下さいね。

まとめ

今回は新大阪からひかり号の自由席に乗るには?ということでお伝えしましたが、
新大阪は列車によっては新大阪始発でない、なんてことも十分あり得ます。

万が一新大阪始発でない場合には先客の間に座る、なんてハメになりかねませんので事前に列車番号をよく確認をして新大阪始発の列車を狙っていい席を確保して下さいね。

関連記事

スポンサーリンク

-お出かけ
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

日本ブログ村

Copyright© fly-by , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!