イベント

天神祭の屋台で穴場的な所は?時間はいつからいつまで?出る場所はどの辺り?

投稿日:2018-05-07 更新日:

夏ともなるとどこもかしこも祭が増えてきますね。
大阪天神祭も夏の祭に一つですが、祭といえば屋台や出店の食べ物や花火。

大阪天神祭でも多くの屋台が出てるものですが、
屋台といえば混雑。

あまり人の少ない所に屋台が出ていたりするものでしょうか。
また屋台の時間は何時から何時まででているものでしょうか。

スポンサーリンク

天神祭の屋台で穴場的な所はどこ?

夏の祭の楽しみの一つは祭自体を楽しむのもそうですが、
祭にでている屋台も祭の楽しみでもありますよね。

屋台が出ている所はどうしても人が多くなりがちですが、
人が比較的少ないところはあるのでしょうか。

大阪天神祭でも比較的人が少ない場所に屋台が出ている所は、
都島付近の公園辺りが比較的人が少ない穴場的な屋台といえるのではないでしょうか。

この辺りからいわゆる屋台の店が始まりますね。
他にも穴場的な所とはまた違うかもしれませんが、
京橋からOBPを結んだ辺りは屋台等の代わりにコンビニが結構ありますのでこんな所に立ち寄るのもアリかもしれません。

天神祭の屋台はいつからいつまで出てるもの?

大阪天神祭の7/24と25日に屋台がでてますが、
24日はあまり屋台の数は殆どでてません。

25日ともなれば屋台の数も倍増しますので屋台目当てであれば25日に行くのがいいかもしれません。
で、屋台の時間はといえば大体ですが昼の11時頃から夜の23時頃までの営業が多いようです。

花火は21時の終了ですが、
屋台はその後も営業している事が多いです。

場所等によってはばらつきがありますが、
大体夜21時過ぎまでは営業している事が多いです。


スポンサーリンク

天神祭の屋台の場所はどの辺りにでてる?

天神祭の屋台の一番のメインはやはり大阪天満宮の天神橋筋商店街付近が屋台の数や種類も多くなります。
大阪天満宮周辺が屋台のメインといえるのではないでしょうか。

駅ですと地下鉄南森町やJR大阪天満宮が便利。
屋台でもスタンダードな焼きそば、フランクから始まり、から揚げやベビーカステラ、リンゴ飴などの食べ物がメインです。

屋台は何気に食べ歩きをしながら歩くのも楽しみの一つなんですよね。
で屋台は食べ歩きがメインになるかとは思いますが、
屋台でもちょっとオススメのものがありまして。

天神祭の屋台でもこれはというのがあり、
パンダ公園という公園があるのですが、
パンダ公園付近にでているかき氷の屋台はなかなかオススメです。

値段も100円程で味のチョイスもかなり選べますし、
蜜もかけ放題。

暑い中ちょっと体を冷やしたくなったら行ってみてはどうでしょうか。

屋台でもお腹の弱い人は注意が必要なこと
屋台の雰囲気はとてもいいものですが、天神祭の屋台でも通常の飲食店や店の前のシャッターを開けてから営業している形式のものは特に問題はありません。

ただ屋台でも焼き物や揚げ物を扱っている屋台で、
通常の飲食店の方の営業ではない屋台の場合は注意が必要です。

というのは屋台の営業開始までの間、屋台に出す品物をクーラーボックスに氷を入れただけの状態で保管している事が多々ある為です。
真夏にシッカリとした保管体制を取らないとその後にどうなるかは想像できますよね?
なのでお腹の弱い方や小さい子供には屋台(通常のお店の軒先でやっている屋台を除く)のものはなるたけ食べさせないようにした方がいいといえます。

お腹が弱い方や小さい子供には屋台では見て雰囲気を楽しんで、
品物を購入するにはコンビニや通常の飲食店が出している屋台を選ぶようにするといいかもしれません。

まとめ

今回は大阪天神祭の屋台についてお伝えしましたが、
屋台の雰囲気はとてもいいものです。

ただお腹が弱い、ということであれば屋台は見て回るだけにして、
購入はまた別にする等の対策も必要にはなるかと思います。

関連記事

スポンサーリンク

-イベント
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

日本ブログ村

Copyright© fly-by , 2020 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!