生活・雑学

傘の撥水効果は復活させたりドライヤーで元に戻る?長く持続させるには?

投稿日:

梅雨時や雨が続くとき傘をさしますよね?
ただ傘って雨の時の必需品ですがいつも持ち歩くと邪魔なもの。

となると?折り畳み傘を鞄に入れて雨が降ったときにさしますが、

外で雨に降られて折り畳み傘をしまうときに撥水効果を失うと鞄の中が濡れてとても気持ち悪いもの。
傘の撥水効果を復活させるにはどうすればいいものか?

またよく聞くドライヤーの温風を当てると撥水効果が復活するとは聞きますが実際はどうなでしょうか?

また折角復活させたなら撥水効果を長く持続させるにはどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

傘の撥水効果は復活できる?


撥水効果を失って雨に濡れた傘ほど気持ちが悪いもの。

撥水効果は実際復活するか?
と言われれば復活はしますが復活してもその効果の持続する期間は異なります。

復活させるには単純に傘の埃等をとり、
傘が乾いた状態で防水スプレーを塗布すれば撥水効果を復活させることができますよ。

傘の撥水効果をドライヤーで取り戻せない場合がある?

傘の撥水効果を戻すために普通であれば防水スプレーを吹き付けるかと思いますが、
たまに傘にドライヤーをあてると撥水効果が戻ると聞いたことありませんか?

ドライヤーを使う方法は必ずしも効果が戻るという訳でもありません。

傘は傘でもフッ素コーティングされたものはドライヤーの熱で撥水効果を取り戻せます。

ドライヤーの熱で傘の寝てる毛が起き上がり、
水を弾いてくれます。

よく植物でも水をシッカリ弾く植物ってありますよね?
あれは植物の葉の表面に小さな突起があり、その突起が水をシッカリと弾いてくれます。

傘も同様にフッ素樹脂加工されたものは水を弾く植物のような効果があるという訳です。
このフッ素樹脂加工させた傘の撥水効果が落ちる理由ってどんな時なんでしょうか?

傘は普段の生活で傘に手で触れたり、
傘と鞄などが擦れて傘の表示のフッ素樹脂加工されたフッ素樹脂の先端の小さな突起が寝てしまうと水を弾かなくなるのです。

摩擦や手で傘に触れた後の状態のフッ素樹脂はドライヤーの熱に当たると元に戻ろうとする働きがある為に、
ドライヤーの熱を当てると元の撥水性能を取り戻すことが出来ます。

傘の撥水効果をより長く持続させるには?


撥水効果を長く持続させたいのは誰しも一緒ですよね?
でも傘でも素材がナイロン素材のものですと大体毎日雨に降られたとしても大体7日程は効果が持続をします。

ただ傘は傘でも元々強力な撥水性能を備えた傘というのは存在してまして、
初めからこのような傘を購入してしまうのも一つの手段かもしれません。

元々が撥水性能の高い傘ですと同じように撥水対策をしてもその効果は長く続きますし日ごろのメンテも少なくて済みますので後々楽かもしれないですよ。
値段もそこまでしませんのでこのような傘を検討してみるのもいいかもしれません。

まとめ

今回は傘の撥水効果を復活させるには?ということでお伝えしましたが、
水を弾かない傘程気持ちの悪いものはないものですよね。

今回ご紹介した傘もそうですが、元から撥水効果の高い傘というのはあるものです。
撥水効果の高い傘は通常の傘とは水弾きが全然違ってますので必要に応じて手にして不快な状態とはサヨナラしてしまうのもいいですね。

雨の季節だと防水スプレーをかける時もそうそうあるものでもありませんしね。

関連記事

スポンサーリンク

-生活・雑学


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

日本ブログ村

Copyright© fly-by , 2020 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!