水泳を毎日するのは逆効果?痩せのための頻度は?

水面からの顔

水泳をして痩せていきたいと考えても毎日水泳をするって、
どうも逆効果なのかもしれないって思いますか?
水泳は慣れてきて、
ゆっくりと長距離の連続遊泳ですと有酸素運動となりますが、
毎日の水泳は控えた方がいい理由とは何でしょうか。
今回はそんな水泳を毎日しない方がいい理由をお伝えします。

スポンサーリンク

水泳を毎日やるのは痩せない理由になる?

水泳は有酸素運動にもなりますし、
また逆に無酸素運動にもなります。
息が切れる程の速度で短距離の遊泳をする場合には無酸素運動になりますし、
反対に息が切れない程度で20分以上の遊泳で1,000m以上の遊泳の場合には有酸素運動。

有酸素運動としての水泳を毎日続けた場合

有酸素運動としての水泳をしてると、
始めの内こそ肺活量がついてかないなど辛いんですが、
慣れると省エネの身体に変化します。
省エネ体質になると、
1,000mをユックリ泳いだだけでもせいぜい1kgくらいは水泳を終えてから体重が減る程度。
省エネ体質で体重を減らしてと考えると、

・距離を伸ばすか、
・無酸素運動の筋トレを組み合わせる
になってきます。
距離を伸ばすだと20分で1,000m泳げるなら、
40分で2,000mと単純に倍。
ですがこれは泳ぐ距離が増えれば空腹という問題にぶち当たります。
帰宅して食べてしまうんですよね・・・

無酸素運動としての水泳を続けた場合

無酸素運動としての水泳というと、
それこそ50mを自分の出せるスピードで泳ぐのを何本かこなす感じですね。
無酸素運動としての水泳を毎日となると、
速度重視ですので筋肉をガンガン使うことになります。
筋肉をガンガン使うということは、
脂肪ではなくひたすら筋肉を使用します。
筋肉は負荷をかけてから、
筋肉の回復の時間を与えないと、
筋肉の回復の前にまた筋肉を使うために筋肉が減るということになりますので休ませる時が必要になります。

有酸素運動の水泳と無酸素運動の水泳を組み合わせる

有酸素運動としての水泳で、
ある程度の距離500m程泳いでちょっと息が上がるな、
というタイミングで泳ぎを止めて水中ウォーキングに切り替えてみる。
水中ウォーキングで300m程歩いたら、
今度は全速力で50m泳いで無酸素運動としての水泳をして、
息を整えつつ再度水中ウォーキング。
無酸素運動としての水泳で筋肉を刺激し、
筋肉アップの水泳をした後に、
再度水中ウォーキングなどで身体を動かし続ける。
というように無酸素水泳と水中ウォーキングを組み合わせて水泳をすると、
筋肉を鍛え、かつ身体を動かし続けるので脂肪燃焼の効果も期待できます。

スポンサーリンク

 毎日の水泳で他にデメリットってある?

毎日の水泳でのデメリットといえば、

・プール利用の料金
・モチベーションの維持
・水着の傷みが早くなる
・疲労の際は帰宅後に睡魔に襲われる
などでしょうか。

プール利用料金がかかる

瓶の中のコイン

料金がかかるというのは公共プールですと、
一回500円前後のところが多く、
ジムでしたら月9,000円程度でしょうか。
料金をただストレス解消のために酒を飲んだら一回1万なんて軽く飛びますよね?
でしたらその料金を痩せるための投資と考えれば月1万は安いのではないでしょうか。

モチベーション維持

他にはモチベーションってあると思うんです。
毎日の水泳だと外的な理由や疲れ、
それに毎日行かなきゃという強迫観念のようなものも出てくるのではないでしょうか。
ただ実際は毎日行く必要はないと思いますよ。

水着の傷み

これは水泳をする以上仕方ないこと。
大体水着は100時間程度で限界が来ると言われてます。
限界が来ても実際使えることは使えるんですが、
ただ素材が伸び切ったり、
大事な所が薄くなったりという問題が出てくるんですよね。
水着は消耗品なので、
その限界が早いか遅いか。
水着は使用したらすぐに水で塩素を洗い流して、
陰干ししておけば多少は限度を伸ばせたりしますよ。

疲労の際は帰宅後に睡魔に襲われる

流石に毎日の水泳だと、
いくら水泳に慣れてきたとしても仕事での疲労や週末に近づくにつれての疲労ってあると思います。
毎日水泳をしてしまうと、
疲労が溜まってる際などは帰宅してからの睡魔で何かをしたい場合も影響がでたりします。
帰宅後に仕事をするですとか、
または家で何かする予定がある際には睡魔で影響が出る可能性がありますね。

適度な水泳の回数は?

プールの中

水泳は実際毎日しなくても、
週に2から3程度で、水泳をしてない日は筋力トレーニングで筋肉を付けるのもいいでしょう。

そのくらいの頻度であれば筋肉を休ませることもできますし、
また筋トレをしてない日には有酸素運動としての水泳で脂肪を燃やす。
また次の日には筋トレをして基礎代謝をあげて、
脂肪が燃えやすい体質作りをするといいでしょう。
関連記事

 さいごに

水泳を毎日やろうという心掛けは素晴らしいと思いますが、
流石に毎日はしなくてもいいかと思います。
毎日やろうとして、
水泳をしなかったためにストレスに感じては楽しみながらできませんので、
まずは週に2回程度。
合間に筋トレをして、
脂肪が燃えやすい身体にしていくといいでしょう。
後は運動の他に、
食事で夕飯は少なめにするなど食にも気を付けるといいと思いますよ。
スポンサーリンク